• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

会議中も妻から電話、「恐妻リーマン」

2009年5月19日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回は、仕事も気分しだい、という「甘えんぼリーマン」を紹介しました。今回登場する困リーマンは、こんな彼です。

ケース6:会議中も妻から電話、の「恐妻リーマン」

 結婚5年目の部下で恐妻家の、タチバナくん(20代後半)に困っています。

 夕方、大事な会議中でも、妻からケータイに電話が入ります。「雨が降りそうだから、早く帰って洗濯物を取り込んで」とか「子供(3歳)が熱出したから、迎えに行って」との指示が、電話越しにこちらまで聞こえるのです。

 そのたびに「分かった、分かった」と、優しく答える彼。「会議中、ケータイは切るように」と注意したのですが、「すいません、でもいろいろ大変なんで」とか「電話に出ないと、後でまた(妻が)怒るんで」とか細い声で言い訳し、忙しい時期でも定時でサッサと帰ってしまいます。

 こんなタチバナくんに、どう対応したらいいのでしょうか。

(電力会社勤務・フジカワヨシアキさん・54歳)

 まず大前提として、会議中に私用の電話なんてあり得ません。どうしてもケータイを切れないなら、せめてマナーモードにして着信履歴を残し、休憩中に折り返すべきですよね。社会人として当たり前のルールです。

 ただ、上司のフジカワさんが腹を立てているのは、それだけじゃない。会議中に洗濯物のことで電話してくるような妻に、なぜタチバナくんが「仕事中は電話するな」「早く帰れるとは限らない」とビシッと言えないのか、ということ。「男のクセに、だらしない」という観点です。

 私はタチバナくんより10歳上のバブル世代。私が20代だった頃(1990年代)は、職場での「男女平等」や「共働き」が今ほど言われていませんでした。「男が妻子を養うべき」「職場は男の戦場だ」というニュアンスも根強かった。ですから、50代のフジカワさんが腹を立てる気持ちも、よく分かります。

 でも今や、20代の間では「夫婦共働き」が大前提。小さなお子さんがいても、共働きとなれば、家事や育児を夫婦で分担するのが当然とも言われる時代です。

 もしかすると50代の皆さんにはピンとこないかもしれませんが、これは「若い世代ならでは」の良い傾向でもあるので、このこと自体は認めてあげてもらえれば、と思います。

 さらに…。「婚活」という言葉の生みの親で、『「婚活」時代』(ディスカヴァー携書)の共著者である社会学者の山田昌弘・中央大学教授と先日お目にかかったのですが、山田教授はこうおっしゃっていました。

 「これからは、結婚して専業主婦になれる女性は、せいぜい1割しかいない」と。「9割かそれ以上の女性は、結婚して子供ができても『共働き』が大前提だ」と…。

 現在、結婚・出産しても、その後職場復帰や再就職など、何らかの仕事に就く女性(主にパート)は30代で6割、40代では約7割に達します(2007年内閣府「平成19年版男女共同参画白書」ほか)。

 この不況の影響もあって、20代ではさらに多くの夫婦が、経済的な事情から「共働き」を強いられることは目に見えています。

 となれば…。タチバナくんほどひどくはなくても、似たような「恐妻リーマン」の発生は必至です。

 でも、何も洗濯物ぐらいのことで夫の会社に電話してくることはない、と思いますよね。タチバナくんの妻はなぜ、そんな行動に出るのでしょうか?

イラスト:小迎 裕美子

コメント17

「牛窪 恵の平成“困リーマン”のトリセツ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長