• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

上野千鶴子も深澤真紀もおやじである

上野千鶴子さん×深澤真紀さん(第1回)

  • 深澤 真紀,橋中 佐和

バックナンバー

2009年5月21日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

──深澤真紀さんの連載「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」が同名の単行本になりました。連載に大幅に加筆し、さらに充実した中身になっています。

 この書籍は、深澤さんが以前からメンターと仰ぐ、東京大学大学院教授の上野千鶴子さんのベストセラー、『おひとりさまの老後』に多大な影響を受けているとのこと。

 そこで今回はゲストに大先輩の上野さんをお迎えし、「ひとりで生きていくこと」「人間関係をメンテナンスしていくこと」について、お2人にお話しいただきます。


フカサワも人並みに苦労したんだと感じましたわ

深澤 私は上野さんに1989年3月、ちょうど20年前に取材で初めてお目にかかりました。今日はその時の記事をお持ちしたんです。「私たちの就職手帖」という早稲田大学の女子学生がつくっていたミニコミ誌のインタビューで、上野千鶴子と深澤真紀の若かりし姿も写ってます。

上野 まあ、懐かしい!


左端が上野さん、右から2番目が深澤さん

深澤 上野さんは当時ソバージュだったので、今日は私も髪を巻いてきました(笑)。

上野 わたしが「女装」していた頃ですね(笑)。

深澤 この記事はちょうど20年前ですから上野さんは40歳で。

上野 アラフォーでしたね。

深澤 私が22歳ですね。

上野 私たちはいくつ違うの?

深澤 上野さんが1948年生まれで、私が1967年生まれなので、19歳です。

上野 そうなの。あなたの『自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術』(以下『メンテナンス術』)を読んで思ったのはね、イケイケだったギャルが人並みに苦労して、こんなに成熟したかというのが、最初の感慨でございます。

深澤 「就職手帖」なんていう地味なミニコミ誌を作っていたくらいなので、そんなにイケイケでもなかったんですけど(笑)。

上野 親子とは言わないけど、ちょっと斜めから見ていたおばさんが、「いやあ、あの子もこんなにオトナになったか」みたいな感慨ね。

深澤 もう42歳ですから(笑)。

コメント3

「特別対談 上野千鶴子×深澤真紀 “おひとりさま”の人生メンテナンス術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授