• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ベイシアが18%の販管費率をさらに引き下げ

流通BMSの採用と品出し回数の激減で実現へ

  • 川又 英紀

バックナンバー

2009年5月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント1件コメント/レビュー

流通業の業務プロセスは門外漢ですが、品出しを1日1回から、週1に変えるということは、店内の在庫と陳列スペースが増加するそれはコストアップを意味するのでは。それがコストアップにならないからくりを明示してくれないと背景が理解できない記事だと思います。つまり記事の内容が今ひとつか。(2009/05/22)

オススメ情報

「日経情報ストラテジー発ニュース」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

流通業の業務プロセスは門外漢ですが、品出しを1日1回から、週1に変えるということは、店内の在庫と陳列スペースが増加するそれはコストアップを意味するのでは。それがコストアップにならないからくりを明示してくれないと背景が理解できない記事だと思います。つまり記事の内容が今ひとつか。(2009/05/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

技能実習制度と日本の人手不足を解消することは切り離して考える時期に来ている。

斉藤 善久 神戸大学大学院 国際協力研究科准教授