• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第6回 新人に必要な「書く力」

勉強をするように、仕事をしてはいけない

  • 山田 ズーニー

バックナンバー

2009年5月25日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

新人に必要な「書く力」とはなんだろうか?

きょうは最低限、学生を脱却して、
「社会人としての文章の書き方」をつかもう。

まず、学校にいたころと、社会に出てからの
書き方の違い、「境界線」はどこだろう。
こんな悪い例からみてほしい。

上野課長

今度のキャンペーンで、
担当にされた仕事って、
私のキャリアにあわないと思うんです。

新田花子

こういうメールが、
読み手をもやもやさせるだけでなく、
「うっとうしい」「わずらわしい」
気分にさせるのはなぜだろう?

読み手に考える手間をしいる、からだ。

メールはシーソーだ。

こっちが考える手間を惜しめば、
読み手にその手間を押しつけてしまう。
こっちが充分に考えて出せば、
読み手はその分ラクできるというわけだ。

このメールも、
「担当にされた仕事があわない」
だから、どうだと言うんだろう?

今後の参考までに知っておいてほしいだけなのか?
他の仕事にかえてほしいのか?
かえると言っても何にかえる?
新田さんのやるはずだった仕事はだれがやる?

結局は、部長に「考えてくれ」「決めてくれ」。

ほかにも、「教えてくれ」「認めてくれ」「褒めてくれ」と、
読み手に「くれ、くれ」と言う文章のことを、
ここでは「くれ文」と言う。

「くれ文」は、読み手から、
時間や考える手間などの労力をむやみに奪う。

コメント6

「新人諸君、半年は黙って仕事せよ。山田ズーニーのフレッシュマンのためのコミュニケーション講座」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長