• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

鳩山・麻生の「相似形」

“政策より政局”で決まった民主党新代表

  • 加藤 修平

バックナンバー

2009年5月25日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 衆院解散・総選挙に臨む民主党の「顔」に鳩山由紀夫氏が就任した。報道各社の世論調査では「次の首相にふさわしい人物」として、ひとまず麻生太郎首相を上回っている。だが、国民的な人気を一身に集めているわけでもない。背景には、今回の代表選で、国をどう変えるのかという政策が争点にならなかったことがある。「政策より政局」の選出過程は、あの麻生首相の誕生プロセスと驚くほどそっくりだった。

選挙には小沢氏が必要

 「首相の器は鳩山さんだ」。16日に東京都内のホテルで行われた民主党代表選挙。お祭り騒ぎの高揚感からは遠く、どこか硬い表情の議員が多かった。あくまで公式見解ということだろう。多くの議員の本音は別にあるように思えた。「とにかく選挙に勝つには小沢一郎氏が必要だ」――。

鳩山由紀夫氏
次期衆院選の争点は「政権交代」だと言い切るが…(写真:中原 敬太)

 小沢氏のお膝元である岩手県の関係者は「民主党ではなく『小沢党』。小沢さんがいるから、民主党にいるという地方議員は多い」とまで言う。あながち岩手県に限った話でもないだろう。小沢氏に「近い」とされた鳩山代表の誕生は、目先の選挙戦という政局こそが代表選びを左右した表れと言える。

 「早い段階で反小沢のレッテルを張られたのが痛かった」。岡田克也氏支持の中堅議員は唇をかんだ。岡田氏に投票するのはいいが、それで「反小沢」とされたらたまらない。そんな議員の多くが鳩山氏に流れた、というのだ。

コメント3件コメント/レビュー

「政権交代です。」と鳩山氏が言ったことについて、具体的な政策がない、とこの記事は述べているが、それはおかしい。様々なしがらみからいったん離れることこそ、大きな政策を動かす前提となることがわかっていない。構造改革論者の八代氏のコメントを載せるのも気になる。(2009/05/25)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「政権交代です。」と鳩山氏が言ったことについて、具体的な政策がない、とこの記事は述べているが、それはおかしい。様々なしがらみからいったん離れることこそ、大きな政策を動かす前提となることがわかっていない。構造改革論者の八代氏のコメントを載せるのも気になる。(2009/05/25)

鳩山氏にしても麻生氏にしても,一体,日本の将来,それもせいぜい5年くらい先を,どう設計しようとしているのかがさっぱりわからないことが(少なくともわたくしには)悩ましい.麻生氏の「政策」からは,とにかく何でもいいから金を使おう,後は何とかなるだろう,という姿勢しか見えてこないし,鳩山氏のも気楽で,これからの恐らくは内外共に厳しい事態が予想される中で,国民と苦楽を共にしようという気概は伝わってこない.確かに,選挙は勝てばいいのだろうが,世襲云々の論議でも明らかな,やたら参入障壁の高い「業界化」している特殊な社会の話になってしまっている.困ったものだと普通の人たちが慨嘆しかできないとしたら,それはなぜなのか.どうしてこうなってしまっているのか.(2009/05/25)

>「政権交代です」。代表選直後の記者会見。「衆院選の争点は何か」との質問に、鳩山氏はこう答えた。即答できる政策目標がないことを象徴する場面だった。と記事に書かれていることについて、そもそも、選挙の争点など、元来、一つに絞れるはずがない。にも拘らず、マスコミが選挙の争点を一つに絞ろうと質問することに、マスコミのレベルの低下を感じる。そしてそのやりとりをもって来て結論付ける日経の記者の、短絡的な考え方も同様。勿論、鳩山代表に政策がないのかもしれないが、決して上記の質問一つで決められることではないと思う。(2009/05/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長