• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【株価が語る】 楽天 三木谷会長がボヤく「無反応」

2009年5月25日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「(株価は)もう少し反応してほしい。ボクなら買うんだけれど…」

 首位争いを演じる東北楽天ゴールデンイーグルスの野村克也監督ばりに、5月12日の決算発表会見で楽天の三木谷浩史会長兼社長は思わずボヤいた。

三木谷浩史会長兼社長
想定より低めの株価を上昇させたい楽天の三木谷浩史会長兼社長(写真:都築 雅人)

 東京放送ホールディングス(TBS)との経営統合を断念し、保有株の買い取りを請求。5月14日には買い取り価格の決定を東京地方裁判所に申し立てた。懸案収拾に向けた動きが出てきたことに加え、足元の業績も好調そのもの。しかし投資家を動かすほどの材料とはならず、株価は5万円近辺を行き来する小幅な動きにとどまっている。

 2009年12月期第1四半期の決算は、売上高664億円と前年同期比11.5%増、経常利益が91億円(同30.4%増)と、本業である電子商店街事業と旅行事業を中心に、2ケタ成長を記録した。

 2008年12月期に足を引っ張った2つの金融事業である、イーバンク銀行と楽天証券が1~3月期でともに黒字化を果たし、投資家が不安視する“弱点”を克服してみせた。

株価上がらぬ3つの理由

 6社の証券アナリストが決算発表後に出した目標株価は5万5000円から7万5000円と、5月18日時点での終値5万1000円を上回る値を出しているが、株価は決算発表後も目立った反応を示していない。

 バークレイズ・キャピタル証券の米島慶一アナリストは、楽天株への「無反応ぶり」の理由を3つ挙げる。

 まずは国内投資家の期待値がもともと高すぎる点。次に海外投資家からの低い評価。そして将来の成長への道筋が見えにくい点の3つだ。

コメント1件コメント/レビュー

記事を読み、じゃあ三木谷氏が思うほど割安なのかどうか自分の目で確かめようと財務指標を見ると、Equityの少ない会社でPBRも4.6倍。これで株価が上がらないとぼやく三木谷は何者だろう?と。自分なら買うと言うのであればどんどん買えば。マーケットはそんな馬鹿じゃないよ。と言うのが偽らざる感想でした。(2009/05/25)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「【株価が語る】 楽天 三木谷会長がボヤく「無反応」」の著者

白壁 達久

白壁 達久(しらかべ・たつひさ)

日経ビジネス記者

2002年関西大学経済学部卒業後、日経BP社に入社。日経ビジネス、日経ビジネスアソシエを経て、2015年から香港支局長としてアジア全体をカバーする。2016年8月から日経ビジネス記者に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

記事を読み、じゃあ三木谷氏が思うほど割安なのかどうか自分の目で確かめようと財務指標を見ると、Equityの少ない会社でPBRも4.6倍。これで株価が上がらないとぼやく三木谷は何者だろう?と。自分なら買うと言うのであればどんどん買えば。マーケットはそんな馬鹿じゃないよ。と言うのが偽らざる感想でした。(2009/05/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長