• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

改正薬事法が施行

ネットから大衆薬が消える?

  • 日経ビジネスオンライン編集部

バックナンバー

2009年6月1日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント4件コメント/レビュー

医薬品に限らず、農薬類・家庭殺虫剤類がちまたにショピングセンターに満ち溢れ、安易に広告に乗せられ家庭で、薬品類の利便性を信じリスクや危害性を知らないまま使用しているのが現状である。 健康器具や健康食品に至っても同じ現状にあり、安全性確認が不十分な玩具類もある。 これらを専門分野別に審査できる機能は日本国内にはきわめて僅かな部分でしか行われていない。 メーカーの云い分だけや、ごく一部の利便性に踊らされるのでなく、中立的な審査基準と手法を確立することこそ、国家が国民・市民の安全を守り保証すべき事柄で、これには任意に申請者だけの商品を審査するのでなく、審査合格品以外の販売・提供・贈与も禁止すべきであり、法の精神を逸脱した認識が横行している。(2009/06/01)

「今日のトピックス」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

医薬品に限らず、農薬類・家庭殺虫剤類がちまたにショピングセンターに満ち溢れ、安易に広告に乗せられ家庭で、薬品類の利便性を信じリスクや危害性を知らないまま使用しているのが現状である。 健康器具や健康食品に至っても同じ現状にあり、安全性確認が不十分な玩具類もある。 これらを専門分野別に審査できる機能は日本国内にはきわめて僅かな部分でしか行われていない。 メーカーの云い分だけや、ごく一部の利便性に踊らされるのでなく、中立的な審査基準と手法を確立することこそ、国家が国民・市民の安全を守り保証すべき事柄で、これには任意に申請者だけの商品を審査するのでなく、審査合格品以外の販売・提供・贈与も禁止すべきであり、法の精神を逸脱した認識が横行している。(2009/06/01)

コンビニで買える薬が通販で買えないというのは、まったく意味がわかりません。また、テレビのニュースでは、「コンビニで買えるようになった」という「規制緩和」の部分ばかりが報道され、「通販で買えなくなった」という「規制強化」の部分が殆ど報道されていないのも不気味です。しかも、この「規制強化」が、国会で審議された法律ではなく官僚が勝手に決めた省令で行なわれているという大きな問題があるにも関わらず。(2009/06/01)

日経さんらしい見出しのつけ方かなと思いましたが、影響の大きさという点では通信販売全てに及ぶので、通信販売がなくなる、が正しい現象かと思います。しかし、楽天などと違って、在来の通信販売主体の中小製薬会社は金額規模は小さいでしょうが、奪われる売り上げ金額の割合は圧倒的に大きいでしょうから。*昔の自動車産業振興法と同じで、「中小企業は全て倒産してなくなってくれ。管理が面倒くさくて嫌だから」というのが官僚の気持ちなんでしょうね。対面販売を望む消費者を悪者にして、中小を全滅させるチャンスだ。(2009/06/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長