• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ポール・クルーグマン教授に聞く
「GM問題、米金融危機、日本経済」

  • 大野 和基

バックナンバー

2009年6月1日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2008年度のノーベル経済学賞を受賞したポール・クルーグマン教授は、このたび日本国内向けとして特別に『危機突破の経済学』(PHP研究所)を上梓、その記念として先頃来日した。

 来日中、クルーグマン教授が都内の大手家電量販店や商店街を見て回った感触は「日本は恐慌ではない」。ただ地方など日本のすべてを見たわけではないので、本当のところは分からないと慎重な姿勢も。

 そうした姿勢は世界経済の見通しにも表れ、今年末から来年にかけて底入れ、本格回復には4~5年かかると見るが、日本のような「失われた10年」を経験する可能性を否定しない。クルーグマン教授に世界の景気情勢や米ゼネラル・モーターズ(GM)、バラク・オバマ大統領の経済政策などについて聞いた。

(聞き手はジャーナリスト 大野 和基)

 ―― クルーグマン教授は昨年12月に行われたノーベル経済学賞の授賞式で「ビッグスリー(米自動車大手3社)はいずれ消滅するかもしれない」と述べました。

 今年4月末に、クライスラーが連邦破産法11条の適用を申請しました。そして今、GM(ゼネラル・モーターズ)が矢面に立っています。クライスラー倒産の背景にはバラク・オバマ大統領の決断があったと言われます。GMについてオバマ大統領、もしくは米政府はどう対処すべきなのでしょうか。

ポール・クルーグマン氏
(Paul Krugman)


米プリンストン大学教授。1953 年生まれ。77 年に米マサチューセッツ工科大学(MIT)で経済学博士号を取得。米スタンフォード大学、MIT教授を経て2000 年から現職。1999 年から米ニューヨーク・タイムズ紙でコラムニストとして活躍している。
(写真:長谷 亨、以下同、写真は2006年に撮影したもの)

 クルーグマン クライスラーを破綻させたのは、誤りだったと思います。景気が悪い時は、破綻させるべきではありません。もっと景気が悪くなるからです。あと2年くらいは延命させるべきだったと思います。

 ですからGMについては、クライスラーと異なり、今は救済すべきだと思います。クライスラー同様、今後2年間は延命させるべきだと思います。ただ、それで本格的に立ち直るかは分かりません。5年後には完全に消える可能性があります。

 ―― 危機にあるGMの幹部たちが先頃、自社株を売却していたことが分かりました。こうした行為について、どう考えますか。

 クルーグマン もし同じ立場なら、私も同じことをしたと思います。なにしろ価値がなくなってしまうのですから。

 ―― クルーグマン教授はクライスラーを破綻させたことには批判的ですが、オバマ大統領の最初の100日間の経済政策は、100点満点で何点でしょうか。またその理由は。

 クルーグマン 87点。米国式の評価で言うならAマイナスです。ヘルスケア分野の進展が大きく、環境問題にも力を入れています。景気刺激策もまだ足りませんが、効果は出ています。

 ―― 米経済の回復には、金融機関の不良債権処理が欠かせません。そのためには金融機関から不良債権を切り離す作業が必要です。投資家が不良債権を買い取るためには、まず不良債権額を確定しなくてはなりません。その意味で、米連邦準備理事会(FRB)が実施した金融機関に対するストレステストの結果をどう見ていますか。

 クルーグマン ストレステストの結果はIMF(国際通貨基金)の調査結果と一貫していますが、ストレステストそのものに不可思議な点があります。例えば状況がかなりひどい状態のシティグループについては、まだ実行していないことも評価の対象にして、状態がいいように見せていることです。

 ストレステストの前提は現在、銀行に支払い能力がある、ということですが、その前提は間違っています。今の銀行は十分機能していないのであって、いくらストレステストをやってもその事実は変わりません。

 全く意味がないテストではありませんが、先に政策を立てて、その政策を正当化するために、ストレステストをやっただけです。

コメント6件コメント/レビュー

日本人は肩書きに弱いようですね。ノーベル賞受賞しているクルーグマン教授の主張に誤りはないと思うのでしょうか。「経済学」というのは経済を予測できる学問なのでしょうか?クルーグマン教授が金融危機についての「解決策」をお持ちなら、もしくは「解決」しようとしている人間を批判できる能力をお持ちなら、なぜ中国のことは「分からなくなって」いるのでしょうか?中国のことは分からないのに、アメリカと欧州、日本のことは分かるのでしょうか?私には不可解です。(2009/06/01)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本人は肩書きに弱いようですね。ノーベル賞受賞しているクルーグマン教授の主張に誤りはないと思うのでしょうか。「経済学」というのは経済を予測できる学問なのでしょうか?クルーグマン教授が金融危機についての「解決策」をお持ちなら、もしくは「解決」しようとしている人間を批判できる能力をお持ちなら、なぜ中国のことは「分からなくなって」いるのでしょうか?中国のことは分からないのに、アメリカと欧州、日本のことは分かるのでしょうか?私には不可解です。(2009/06/01)

クルーグマン氏も気付いてないかもしれないが、日本の問題の一つは年功序列賃金と新卒偏重にある。世代ごとに景気の浮き沈みの影響を強く受けるため、1991年のバブル崩壊以降に就職した「若い世代」(今ではこれが中年まで含むのだが)の何割かが、まとめて『貧困層』へと追いやられているのだ。その結果として少子高齢化が異常なまでに進んでいるし、この状況は悪化の一途をたどっている。「卒業年度が不景気である」というだけで差別される日本特有の『就職氷河期』という奇妙な風習は、クルーグマン氏にとっても、まさに想像を絶する愚策であるのではあるまいか。(2009/06/01)

「ようやく日経もまともな経済学者を取り上げるようになった」というコメントがありましたが、これまでも、その時々において「まとも」と思われていた学者がメディアなどで脚光を浴びていたわけですよね。現在はクルーグマン氏が時代の寵児なのかもしれませんが、氏と対極の分析をする経済学者や、新説を唱える学者など、多様な方々の見解を取り上げていただき、偏らない情報の発信を御社には期待します。(2009/06/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長