• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

優秀なフィリピン人看護師が来日できない

どこへ行く、外国人介護士・看護師-下

  • 出井 康博

バックナンバー

2009年6月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回の記事はこちら

 日本政府はインドネシアとフィリピンの両国政府と経済連携協定(EPA)に基づいて、両国からそれぞれ2年間で合計600人の介護士と、400人の看護師を受け入れることを決めた。昨年8月にはインドネシアから第1陣が来日し、今年5月にはフィリピンからの受け入れも始まった。

 介護や看護の現場は不況にもかかわらず、有効求人倍率は1倍を上回る人手不足の状況だ。にもかかわらず、介護施設などではEPAに基づいて来日した外国人の受け入れに、二の足を踏むところが多い。

 彼らを受け入れるには、半年間の日本語研修費用の負担や、事前に候補者と個別に面接をすることが許されないといった制約があるからだ。こうした状況の中で、優秀な外国人介護士を積極的に受け入れようとしている施設がある。大阪府池田市にある社会福祉法人「池田さつき会」だ。

4人の来日と日本人ビジネスマン

 同会は今年、4人のフィリピン人介護士の受け入れを決めた。4人は皆、1年以上にわたって日本語を勉強し、さらに日本式の介護の研修も受けてきた者ばかりだ。同会は候補者と面接も重ねていた。

 EPAによる外国人介護士らの受け入れでは、日本語能力は来日条件になっていない。来日後に半年間、日本語研修を受けるだけで就労が始まる。事前の面接も許されないはずだが、なぜ池田さつき会には可能だったのか。それは現地で日本に派遣する介護士の養成に取り組んでいる日本人ビジネスマンとのコネクションが、池田さつき会にはあったからだ。

 その日本人ビジネスマンは、介護関連の支援サービスなどを手がけるN.T.トータルケア(本社・大阪市)の高橋信行社長だ。高橋社長はフィリピンで長年、電子部品工場を経営するかたわら、かつて米軍基地があったことで知られるスービックに2005年、日本人高齢者向けの長期滞在施設「トロピカル・パラダイス・ヴィレッジ(TPV)」を開設する。

 TPVを訪れる日本人高齢者への介護を通じ、日本へと派遣するフィリピン人介護士を養成するためだ。年によっては10倍を超す応募者を高橋氏自身が面接し、毎年20人程度を採用する。そして日本語研修を施した後、TPVに配属。給料を支払い、研修を積んでもらう。その扱いは、まさに“金の卵”である。

使い捨てを恐れ看護師資格者の派遣に二の足踏む

 ただTPVから日本へのフィリピン人介護士らの派遣は、スムーズには進まなかった。当初、早ければ2007年秋と見られた送り出しの開始は、フィリピン上院がEPAの批准を拒否したことで遅れた。その結果、多くの人材が高橋氏の下から去っていった。中には、日本行きをあきらめ、条件の良い米国やカナダに行った人も少なくない。

 ようやく日本側の受け入れが実現したことで、高橋氏はTPVに残った介護士の中から、22人を日本に派遣することを決めた。その手順としてEPAのスキームでは、送り出し実務を担うフィリピン海外雇用庁(POEA)の審査を経なければならない。

コメント11件コメント/レビュー

官の行為により民の行為が圧迫され、その隙間を一部個人の尽力で埋めようとする、というのは当節余りにも見慣れた光景になってしまいました。やはりシステムとして破綻している制度を、たとえ有為とはいえ一部の個々人の努力で適宜調整しようというのは無為無益ではないでしょうか。言い様は悪いのですが結局目明き十人盲千人でこうした努力を経る方の脇で確信的に制度を悪用する人が労使ともに横行し、結果悪い部分ばかりが問題化事件化し、結局有耶無耶の内に制度改正という名の廃止や縮小、形骸化に向かうのはこういう政治案件向きの政策で良く見受けられる定型的な流れです。現状のどう考えても不自然かつ徒労が多すぎるシステムのまま続けるよりは一度早期の内に廃止も視野に入れた見直しをした方が労使間だけではなく二国間の関係のためにもいいような気がしてなりません。(2009/06/07)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

官の行為により民の行為が圧迫され、その隙間を一部個人の尽力で埋めようとする、というのは当節余りにも見慣れた光景になってしまいました。やはりシステムとして破綻している制度を、たとえ有為とはいえ一部の個々人の努力で適宜調整しようというのは無為無益ではないでしょうか。言い様は悪いのですが結局目明き十人盲千人でこうした努力を経る方の脇で確信的に制度を悪用する人が労使ともに横行し、結果悪い部分ばかりが問題化事件化し、結局有耶無耶の内に制度改正という名の廃止や縮小、形骸化に向かうのはこういう政治案件向きの政策で良く見受けられる定型的な流れです。現状のどう考えても不自然かつ徒労が多すぎるシステムのまま続けるよりは一度早期の内に廃止も視野に入れた見直しをした方が労使間だけではなく二国間の関係のためにもいいような気がしてなりません。(2009/06/07)

感想です。介護を特別扱いしすぎるのではないのでしょうか。私はソフトウェア開発の業界にいるのですが、中国、韓国、インドなどいろいろな国のシステムエンジニア、サポート技術者等が入り乱れて働いています。うまく行く現場もあればそうでない現場もあります。ビザも現実はいろいろ問題があります。結局介護の現場も現実的に問題を解決しようとするならまず受け入れと入国の条件を緩和して日本で働く人数を増やすところからドンドンやればよいのではないかと思います。やってみて結局いろいろな事情で資格が取れず帰国しなければならぬとか、他の仕事に流れる人が出てくるのは世の常と思います。(2009/06/05)

ようするに現場の日本人の待遇は改善しないそのため人手不足だから安い労働力の外人を連れてこようって作戦が失敗しましたって事でしょそりゃ失敗して当たりまえと思う(2009/06/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長