• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

なぜ医薬品のネット販売は禁止されたのか。クスリと政治と選挙の関係

2009年6月4日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント54件コメント/レビュー

三木谷さんは良いことをされました。このリストに個人名ののっている議員は、全体で150万票を失います。それでこそ民主主義というもの。有権者が自ら判断せねば。(2009/06/26)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「なぜ医薬品のネット販売は禁止されたのか。クスリと政治と選挙の関係」の著者

井上理

井上理(いのうえ・おさむ)

日経ビジネス記者

1999年慶応義塾大学総合政策学部卒業、日経BPに入社。以来、ネット革命などIT業界やゲーム業界の動向を中心に取材。日本経済新聞への出向を経て2014年4月より日経ビジネスの電機・ITグループ

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

三木谷さんは良いことをされました。このリストに個人名ののっている議員は、全体で150万票を失います。それでこそ民主主義というもの。有権者が自ら判断せねば。(2009/06/26)

先にコメントした方の「国会議員へのアンケート」、ぜひ実施してください。国会議員を対象とするのが難しければ、都道府県レベル、市区レベルの議員でも良いと思います。(レベル別の結果を出しても面白いかもしれません。)複数のドラッグストアにて第一種医薬品を購入した経験があります。いつでも、症状を詳しく説明して適切な薬を購入しようとしています。ただ、その説明をきちんと聞いて、何種類かの薬を挙げて、それぞれの薬の効用などについて詳しく教えてくれる店員さんに出会うことは本当に稀です。1つだけ棚から出されることがほとんどです。そういう場合は、「他にも同じような薬はありませんか?」と聞いてみるのですが、「あるけどこれが一番効く」というようなことを言われます。その薬が一番効くという根拠についての説明もありません。そういう現状なので、ネット上での薬の販売にターゲットを当てて規制をする必要はないと考えます。(2009/06/26)

ネットで薬を売ってもよい。そのかわり、大学の薬学部に薬についての基礎を勉強するために、1週間講義を聞きにいって、薬剤の個人ネット購入資格を取る。間違えて副作用が出ても、すべて自己責任である。市販薬は副作用がないというのは間違い。あまり効かない程度に量を減らしているだけ。(2009/06/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長