• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「六・四」――キャンパスに流れる“平穏”

北京大学生が感じる「特別な時間」

2009年6月4日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今からちょうど20年前、お国の民主化を要求する学生や知識人らが天安門広場に向かった。一般市民によって形成されたデモ隊であった。結果、中国人民解放軍によって武力鎮圧された。多くの命が失われた。これを受けて、中国は西側諸国から制裁を受け、国際的に孤立することになる。

 「天安門事件」(以下、略称「六・四」を用いる)は中国(大陸)では間接的にタブーとされてきた。国内におけるテキスト・書籍などに掲載される際にも「北京政治風波」などとぼやかされることが多い。「軍による武力鎮圧」という文脈も、当局は認めようとしない。国民に伝えることもしない。

 1980年代後半は中華人民共和国成立後最も民主的な時代だったという。政治の議論も自由にできたらしい。ある著名作家は、「この20年の間、中国における民主化風潮は退化した。中国は徹底した警察国家になってしまった」と筆者に漏らした。経済の高度発展と政治的な民主化プロセスのアンバランスを問題視する声は少なくない。これらの事実と「六・四」は無関係ではない。

「敏感な時期」に動く“システム”

 筆者は北京に在住して6年になるが、6月4日は、毎年変わらず「特別な時間」だった。

 当時の運動を指導したリーダーや関係者たちは、「共産党と異なる政治的立場・見解を持つ」という理由で、普段以上に厳格な監視下に置かれる。家族を含めて拘束されることも珍しくない。戦場となった天安門広場は、普段以上に厳重警備が敷かれる。

天安門広場 © AP Images
画像のクリックで拡大表示

 筆者も所属する北京大学の学生は当時中心的な役割を果たしたが、毎年この時期になると公安当局の車があからさまに増え、私服警官も含めて学生の動向を監視する。異様な雰囲気がキャンパスを包む。

 今日6月3日、筆者はいつものように北京大学キャンパス内で活動しているが、特別な様子は見当たらない。パトロールする公安の車が少し増えたくらいだろうか。公安当局の知人は「過度に警備を固めると、かえって学生を刺激することになる」と話す。

 中国のすべての大学には共産党システムが存在し、「学生会」と呼ばれる組織と共同で日頃から大学内を統括し、学生を組織・監督するのだが、「敏感な時期」になると、システムが動き出す。「20周年」を前に、警察や教育当局などと密に情報交換・意思疎通を図りながら、学生会主席などを通して「もうすぐ敏感な時間を迎えるが、デモや集会を組織したり、参加したりしないように」と静かに呼びかける。あくまでも抑止力としてである。キャンパス内には、不気味なくらい平穏な時間が流れている。

 平穏でないのがインターネット上である。現在、中国のネットユーザーは3億人に上り、「ネット政治」と呼ばれるほどネットが世論に与える影響は大きい。いったんネット上で話題になってしまうと、いくら抜群のガバナンス力を誇る共産党当局といえども、事態を収拾するのは困難になる。

 しかし、昨今における「ネット規制」策は成功しているようだ。中国最大の検索エンジン「百度」で「天安門事件」あるいは「六・四事件」と検索しても「ご検索になった結果は相関する法律や政策に符合しないため提示できません」との理由で、全く出てこない。筆者がコラムを担当する英フィナンシャル・タイムズ中国語版(FT中文網)は、6月2日に「天安門20年」という記事を掲載したがアクセスは禁止された。デスクの言葉を借りれば、「当局にブロックされた」のである。

「民主と自由の精神」の象徴が撤去に

 20周年を機に、日頃から密につき合っている北京大学の学生および北京在住の記者たちと「六・四」について内密に議論してみた。彼ら・彼女らとのコミュニケーションを通じて、2つの違和感を覚えた。

 1つ目に、現在の学生(学部生、院生を含めて)が当時の事件に極めて無関心で、場合によっては存在すら知らないということである。北京大生の「六・四観」は以下2人の学生のコメントに集約できる。  

 「当時は生まれてまだ2歳、全く記憶にないし、両親や先生から聞かされたこともない。ニュースもないし。そういう事件があったことは知ってるけど」(外国語学部4年女子学生)

 「北京大生として当時頑張った先輩たちに敬意を表したいとは思う。でも、今の俺たちには直接関係ないし、何かやろうとすれば今後のキャリアに大きく傷がつくことになる。そんなリスクは冒せない。そもそも就職活動すらまともにできてないのに、民主化なんて言ってる場合じゃないよ」(物理学部2年男子学生)

コメント1

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「「六・四」――キャンパスに流れる“平穏”」の著者

加藤 嘉一

加藤 嘉一(かとう・よしかず)

国際コラムニスト

現在米ハーバード大学アジアセンターフェロー。世界経済フォーラムGlobal Shapers Community(GSC)メンバー。中国版ツイッター(新浪微博)のフォロワー数は150万以上。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本音と建前が違うことが問題の温床になっている。

川野 幸夫 ヤオコー会長