• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

家事、踏み台、介護…。“おひとりさま”の直面する問題とは

上野千鶴子さん×深澤真紀さん(第4回)

  • 深澤 真紀,橋中 佐和

バックナンバー

2009年6月11日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

──日経ビジネスオンラインで様々な連載を執筆中の深澤真紀さんと、深澤さんのメンターとも言える東京大学大学院教授の上野千鶴子さん。お2人の著書をサカナに、今回も“おひとりさま”と人間関係のメンテナンス術についてお話しいただきます。

おひとりさまの老後』(法研)を手にする上野千鶴子さん(右)と、最新刊『自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術』(光文社)を持つ深澤真紀さん(写真:花井 智子、以下同)

上野 『自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術』(以下『メンテナンス術』)にはいろいろ感心させられましたが、ちょっと違和感を感じたところもありました。ジェンダーについて、あなたは意図的にスルーしたでしょう。

 それは、「洗濯問題」。カップルの間で、どちらが洗濯をするかを考えるというくだりです。

コンビニのパックごはん、結構おいしいよ(笑)

深澤 相手が洗濯すると衣類がくしゃくしゃになる場合に、どうするかという部分ですね。くしゃくしゃになるのがイヤだったら全部自分でするか、相手にやってもらうことに意味があるからくしゃくしゃでも我慢するか、くしゃくしゃにされて困るものだけ自分で洗濯して、あとは相手に任せるかなど、選択肢を挙げました。

上野 このくだりは、女性の読者から反発を受けると感じました。家事に対する要求水準は、女の方がどうしても高い。「他人に任せておけない」というのが、女がはまる自縄自縛のワナですから。

深澤 でも今や、女性だけが家事をするものという思い込みも減りつつありますし、それは悪いことではないと思っています。

上野 「片づけられない女」とかいるものね。それなら分かります。あなたはここで若い層を想定しているのね。確かに、若い世代に洗濯やアイロンがけをやらせると、男の方が几帳面だったりするし。

深澤 私が取材した中には、シーツやパジャマを毎日洗うひとり暮らしの男子もいます。家事は女がやるもの、家事スキルは女の方が高いものという価値観は少しずつ変わってきています。

コメント13

「特別対談 上野千鶴子×深澤真紀 “おひとりさま”の人生メンテナンス術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監