• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

悲惨な“おひとりさま男”。社会を変えるのは平成男子か

上野千鶴子さん×深澤真紀さん(最終回)

  • 深澤 真紀,橋中 佐和

バックナンバー

2009年6月18日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

──深澤真紀さんの連載「自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術」から生まれた同名の単行本は、深澤さんがメンターと仰ぐ、東京大学大学院教授の上野千鶴子さんのベストセラー、『おひとりさまの老後』に多大な影響を受けているとのこと。

 お2人の対談最終回の今回は、男の“おひとりさま”の実態について、また、未来を担う若い世代「平成男子」について、ご対談いただきます。


深澤 上野さんの『おひとりさまの老後』(以下『おひとりさま』)では女性を取り上げていますが、男性の「おひとりさま」はどういう状況なんでしょう。

上野 実は今、「男おひとりさま」編を準備中なんです。

「男おひとりさま」の悲惨な実態

上野 取材して、データも集めているんです。でも、集めれば集めるほど暗くなる、希望がなくて。マクロデータで見ると、「男おひとりさま」には3つのグループがいます。

 1つは死別シングル。年齢層は70代以上。ほとんどが家族持ちで、子供はいるけれども疎まれているので、この人たちは家族の選択によって施設に送られるでしょう。

上野千鶴子(うえの・ちづこ)
東京大学大学院人文社会系研究科教授。専門は女性学、ジェンダー研究。著書に『家父長制と資本制』『生き延びるための思想』(岩波書店)、『ナショナリズムとジェンダー』(青土社)、『老いる準備』(学陽書房)、『ニーズ中心の福祉社会へ』(中西正司と共編著、医学書院)など多数。

 2つ目が離別シングル。50代、60代の年齢層の既婚者たちは、ほとんど妻がまだ生存中だから死別シングルに入らない。シングルになる理由に、離別組がけっこういます。

 この人たちがまた悲惨です。離別シングルは一度は家族を持った男たちですが、自分のつくった家族と絶縁状態が多いんです。

深澤 例えば、娘の結婚式にも呼ばれないとか?

上野 そう。子供との面会権もほとんどないし、嫌われている。なぜか? この世代は離婚のハードルが高かったので、とことんこじれないと離婚しないからです。

深澤 離婚の原因が重いんですね。

上野 例えば夫が不倫して離婚した場合も、妻がガマンしてガマンして、堪忍袋の緒が切れるところまで(夫を)憎み抜いてから別れている。そういう夫婦の子供は、母親から散々父親の悪口を聞かされているから、父親をかばうわけもない。

コメント8

「特別対談 上野千鶴子×深澤真紀 “おひとりさま”の人生メンテナンス術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員