• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

家庭用蒸し器がヒット商品に

健康×節約×手作り感

2009年6月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「蒸す」ための家庭用調理器具が売れている。

手軽さが受けてヒット商品に
電動の手軽さが受けてヒット商品に

 グループセブジャパン(東京都品川区)が2008年10月に発売した「ティファール スチームクッカー」は、計画数量の2倍を売り上げた(写真右)。価格はオープンだが、1万円前後で売られている。

 ガスコンロを使わない電動式で、あらかじめ底部のタンクに水を入れておき、食材を入れてスイッチを押すだけで「蒸す」ことができる。タイマー機能も備えているため、片手間での調理も可能。その簡易さが受けた。

タジン鍋
水分を逃がさず加熱できるタジン鍋

 エミール・アンリ ジャポンが2007年秋に発売した陶器の鍋「フラム」シリーズの「タジン」(写真右)も売れ行きが好調だ。昨冬は前シーズンの5倍以上の売れ行きを見せ、昨年末には輸入が間に合わずに欠品してしまった。直径25cm、容量1.1リットルのMサイズで1万500円。百貨店などで販売されている。

 加熱された蒸気が円錐のような形状の蓋で冷やされ、鍋に戻るため、少ない水分で食材を蒸し煮にできる。もともとはモロッコの郷土料理に使われていた鍋だという。

外食でのブームが家庭に波及

 なぜ今、家庭用蒸し器が売れているのか。前提に、そもそも外食産業における「蒸し鍋」ブームがあった。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「家庭用蒸し器がヒット商品に」の著者

池田 信太朗

池田 信太朗(いけだ・しんたろう)

日経ビジネスオンライン編集長

2000年に日経BP入社。2006年から『日経ビジネス』記者として、主に流通業界の取材に当たる。2012年『日経ビジネスDigital』のサービスを立ち上げて初代編集長、2012年9月から香港支局特派員、2015年1月から現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「昔、SOMPOは保険会社だったらしい」と言われたい。

桜田 謙悟 SOMPOホールディングス グループCEO社長