• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

資生堂、カウンセリングをITで改革

新型端末で接客の途切れをなくす

  • 杉山 泰一

バックナンバー

2009年6月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 資生堂は2009年4月から、全国の化粧品カウンターで提供するカウンセリング業務をIT(情報技術)で順次改革し始めた。肌測定、売上・在庫管理、顧客情報管理の3業務すべてを1台の新型機器に統合。カウンターに専用機器やパソコン、顧客台帳、商品カタログを置く必要がなくなったので、接客に使えるカウンターのスペースが広がった。資料を瞬時に表示することなどにより途切れなく接客できる環境が整った。新型機器の導入は同年6月中に終える。同社の化粧品カウンターは百貨店など全国約300店にある。

銀座三越(東京都中央区)にある資生堂の化粧品カウンターに導入された新型カウンセリング機器。豊富な情報を表示でき、ディスプレーを反転できるので、切れ目のない接客ができる

 新型機器は「カウンターサポートシステム(CSS)」と呼ばれる。広辞苑サイズのコンパクトなこの機器は、お客の肌の状態を測定するペン型スキャナーを装備し、可動式の液晶ディスプレーに診断結果を表示できる(写真参照)。ディスプレーは根元から90度以上回転できる構造になっていて、カウンセリングの進行に応じて美容部員(ビューティーコンサルタント)が自分側に向けたりお客側に向けたりでき、そのつど、表示内容が自動的に反転する。

 CSS機器のディスプレーは、紙の商品カタログに掲載していた大量の写真情報と文字情報も高解像度で表示できる。カウンセリングの途中で商品カタログを取りに行って、接客を途切れさせることがなくなった。カウンセリングを切れ目なく行えるわけだ。

 「先行導入したお店では、『私のためにずっと向き合ってくれる』『同じ情報なのにカタログよりも機器の画面で見ると説得力が増す』というお客様の声が目立った」(デパート部の東矢琢磨課長)とお客からも好評だ。画面を見ながら一緒にカルテを作っていくことで安心感が増す効果もあるという。

事務作業など軽減し先行導入店は残業時間が半減

 CSSは接客力の向上だけでなく、美容部員を“余分な仕事”から解放する。美容部員の業務内容を事前に調査したところ、1日平均約8時間の業務時間のうち接客に使っていたのは半分程度しかなかった。残りの時間は、製品発注作業やサンプル整理や顧客情報管理などに費やしていた。

コメント0

「日経情報ストラテジー発ニュース」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官