• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第5話:犬は家族? それとも? ペットに10万円かける女たち

  • 津田 和壽澄

バックナンバー

2009年6月17日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 (前回から読む)

 いくつになっても、自己分析は難しいものである。しかし「自分取り扱い説明書」と問われて最初に浮かぶ答えは、「楽天家」である。先のことはできるだけ思い煩わず、直感に従って行動できるように努力をしているつもりである。

 ところがピピと出会った1997年7月以来、私は先の不安を感じるようになっていた。前回書いたように、ピピが当初より病気がちだったということも一因だった。しかし私が何よりも恐れたことは、「喪失」だった。

 ピピと一緒に暮らすようになってから、病める時も健やかな時も、そのかわいい姿にうっとりし、生活はぬくもりに満ち、これまで味わったことのない穏やかな幸福感は毎日褪せることがないばかりか、日々に強くなっていった。

 そしてそれに比例して、私の中のピピを喪失することへの、理を超えた恐怖心は増大した。

 そこで私がしたことは、まだ生後6カ月であるにもかかわらず、「ペットロス・カウンセラー」の情報収集をすることだった。1998年当時、まだ耳新しかったその言葉は、ペットを失ってうつ状態になった人を助けるための心理療法と考えられていた。

 私はペットとの突然の別れ、そして自身が立ち直れずに仕事ができなくなることを心底恐れていたのだった。「その時」に備えて、多くの記事の切り抜きを集めてファイルし、私はやっと安心できたのである。

 しかし、実際直面した出来事は、それらの準備が手助けとなってコントロールできるようなものでは、到底なかった。昨年12月27日にピピに旅立たれて以来、私はファイルした切り抜きを見ることさえできないほど、打ちのめされていたのだった。

 人はなぜ、それほどまでにコンパニオン・アニマルに深い愛着(アタッチメント)を持つのだろうか。それとも私だけが、小さな命に固執しすぎているのだろうか。

 その回答の1つが、この数字の向こう側に見えるのかもしれない。

 2007年の厚生労働省の調査によると全国の登録犬数は約674万頭であり、実際はその倍以上の犬が、人と一緒に暮らしていると推定される。その数は15歳未満の子供の数1860万人を優に超えるという。家庭で暮らしている猫の数を入れれば、さらに数は増える。

 かつて庭で「番犬として飼っていた」時代とは異なり、多くの人が「家族の一員」として、犬と生活を共にしているのである。

 例えば子供に「家族の絵を描いてみて」と言うと、犬を描いてくる子がいるのも、自然な時代なのである。

 番犬、愛玩犬、ペットから伴侶犬(コンパニオン・ドッグ)へと呼び名は変わり、さらに生活を重ねるとともに、オーナー(飼い主)の感情や考えまで汲み取れるようになる知的伴侶犬として、かけがえのない相棒だと実感する人が多く存在しているのである。

 その一方で、教科書検定を巡る中で「犬=家族」であることに異論を唱える発言があることを知った。

 「おじいちゃん、おばあちゃんと一緒の写真。こっちは犬と子どもと一緒の写真。両方家族ですって。おばあちゃんは犬と同じか。こんなふざけた話がどこにあるんだとやりあった」という麻生首相の発言が物議を醸した。

 これを受けて文科省の銭谷事務次官は、首相が指摘した教科書の記述変更は、中学校の技術・家庭の教科書から「Aさんの家族(母、父、弟、犬」との記述が削除された2004年の検定などと思われると指摘し、それは検定委員会の意見に従ったものであると、政治的介入を否定した。しかし、この記事を読んで違和感を覚えたのは愛犬家だけではないであろう。

 さらに興味深いニュースがある。5月13日の愛犬の日(1994年にジャパンケネルクラブが制定)に向けて、パナソニックがペット(犬、猫、ハムスターなど)と暮らす300人を対象にしたインターネット意識調査である(報告書はこちら)。

 「ペットの存在とは何?」の質問に7割以上が「家族の一員、兄弟・子供のような存在」と回答。他に「癒し・安らぎ」「恋人のような存在」「運命共同体」「自分の命に代わるもの」というように、人間の家族以上の愛を抱いている人も多くいた。

コメント9

「ペットを看取るということ 天国の犬からの宿題」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト