• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

遠鉄ストア、ポイントカード活用で36カ月連続前年同月比増

1世帯1枚の会員基盤で既存店を底上げし、競合店に対抗

  • 清嶋 直樹

バックナンバー

2009年6月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 静岡県西部で食品スーパー25店舗を展開する遠鉄ストア(浜松市)は、2008年後半から独自のポイントカード施策を加速している。同社は新規出店を控えているものの、既存店の底上げによって2009年5月まで36カ月連続で前年同月比を上回る好調な売上高を継続している。2010年3月期は前期に続いて増収増益を見込む。

 従来は遠鉄ストア単独でポイントカードを発行していたが、2008年9月から遠州鉄道など遠鉄グループ共通の「えんてつカード」のサービスを始め、これまでに既存カードからの切り替えをほぼ完了させた。既に30万枚以上を発行し、商圏内では1世帯に1枚の比率で普及。遠鉄ストアだけではなく、遠鉄グループの鉄道・バス(非接触ICカード乗車券「ナイスパス」と連動)のほか、タクシーやガソリンスタンド、自動車整備・点検施設などでもポイントをためたり、利用することができる。

浜松市中区にある遠鉄ストアの「フードワン佐鳴台(さなるだい)店」
画像のクリックで拡大表示

生活防衛志向でポイントのお得感が増す

 原田定男・常務取締役営業本部長は「グループ共通化でポイントの魅力が高まり、来店や利用の動機づけを強められた。不況で消費者が生活防衛志向になっている今だからこそ、ポイント付与による心理的な“お得感”の効果が大きくなっている」と説明する。遠鉄ストアでは従来もポイントカードが普及していたが、グループ共通カードの導入によって、顧客数ベースの利用率はさらに数ポイント上昇して80%を超えた。グループ共通化を機に、顧客にアプローチする際の住所などの個人情報も最新のものに更新できた。データ分析には日本NCRビジネスソリューション(東京・品川)の中堅小売業向けツール「RealAction(リアルアクション)」を採用している。

コメント0

「日経情報ストラテジー発ニュース」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長