• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

第10回 意見を通したいなら翻訳しなさい

  • 山田 ズーニー

バックナンバー

2009年6月22日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「上への持っていき方をどうしようか?」

大きな企画を通すようなとき、
先輩たちが、「上への持っていき方」に
あれこれ頭を悩ませていた。

新人のころの自分には、
それがばかばかしく思えてしょうがなかった。

「根回ししたり、画策したり、
会社員ってツライよなあ…。
場合によっては、企画を立てる以上の
労力と時間を使ってまで、
なんでそこまでして、上司の趣味・性格にすりよって、
神経すり減らさなきゃならないんだ」と。

しかし会社というものがわかるようになって、
「この作業を決してばかにしてはいけない、
むしろ尊い作業ではないか」
と思うようになってきた。なぜならそれは、

「翻訳」だからだ。

会社の文脈と、新人の文脈は、
常に大きくずれてせめぎあっている。

おなじ日本語と思いがちだが、
別世界の言語と言ってもいいくらいだ。

文脈とは、ここでは、
思考や行動の手続き、優先順位のつけ方、
それらをつなぎあわせたアウトプットの「脈絡」
というような広い意味で使わせてもらっている。

さらに、会社の上層部と一般社員の間でも、
恐ろしく文脈はちがう。

会社はチームになって利益をあげるという、
独特の変わったプレイをしている。

学生時代ボランティアをしていた
アルバイトをしていたなど、
「自分は社会参加をしていたから、そう違和感がない」
という人がいるかもしれない。

しかし、まず、無料でなにかやることと、
お金を取ってやることは、
どちらがいい悪いでなく、見る世界がまったくちがってくる。

たとえば無料でコンサートをやるなり、
なにかサービスをやるとして、
「それが、ただであれば欲しい、うれしい」
という人はいっぱいいるだろう。

しかし、「お金を払ってでも、それを欲しいですか」
となれば、人はぜんぜんちがった表情をみせる。

人間は、財布のひもをひらくとき、
ぐっと厳しい基準でものごとを見る。

身銭をきってでも欲しいとおもってもらうために、
仕事では、人の切実な要求にくいこんでいくような、
独特な思考のつかいかたをする。

つまり、「お金を払ってもらう域まで」人に役立ち・喜ばす

という、ふだんあまりしないことを、
会社では必死で考え続けている。
会社のゴールには「利益」がある。
学生と勝手が違って当然だ。

就職活動のエントリー
シートには、実に多くの若者が、
「人の役に立ちたい」 「ありがとうと言われたい」
と書いている。
しかし、「お金がもらえる域まで」ということは
だれも書いていない。

会社の誠意と、新人の誠意がくいちがうのは、
ここがポイントで、同じ「人を喜ばす」と言っても、
見ている領域はぜんぜんちがう。

会社では基本的に、
「お金がもらえる域まで」人を喜ばす
ことだけをやって欲しいのであって、
それ以外は、「とてもいいことだが、どうぞほかでやってくれ」
ということになる。

しかし、どうしたら、「お金がもらえる域まで」になるのか、
お金がもらえない域と、お金がもらえる域との境界はどこか、
なにしろ働いたことがない新人には、リクツではわかっても、
実際、そんなことに神経をつかってこなかったから、
実感としてわからないのだ。

コメント3件コメント/レビュー

やりたいことを他人へ伝える説得する技術が組織の中で重要なのはその通りですが、気を付けないと、組織の中で通りやすいアイデアしか出てこなくなる。つまり忖度社会順応。組織に順応し過ぎると陥る罠。上司の顔色を伺い、通りやすい提案以外は自己規制、では先が無い(個人も組織も)。提案・説得技術より先に、本質的な問題提起、抜本的な解決策を生み出すことに注力すべきだと思います。特に現在のような変化の激しい時代には。(愚痩子)(2009/06/22)

オススメ情報

「新人諸君、半年は黙って仕事せよ。山田ズーニーのフレッシュマンのためのコミュニケーション講座」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

やりたいことを他人へ伝える説得する技術が組織の中で重要なのはその通りですが、気を付けないと、組織の中で通りやすいアイデアしか出てこなくなる。つまり忖度社会順応。組織に順応し過ぎると陥る罠。上司の顔色を伺い、通りやすい提案以外は自己規制、では先が無い(個人も組織も)。提案・説得技術より先に、本質的な問題提起、抜本的な解決策を生み出すことに注力すべきだと思います。特に現在のような変化の激しい時代には。(愚痩子)(2009/06/22)

実は、仕事のかなりの部分が「翻訳」だったりしますよね。最終的には「お金をいただく域」の人々=お客さんに向かっての「翻訳」がかならず必要で、そのために何をすべきかと逆算していくところから、各ステップで決裁権を持っている人たちにどう「翻訳」するかを考える。わたしはそうとらえるようにしています。(2009/06/22)

 経験上、直属の上司は対して企画に文句を言ってくることはありませんでした。翻訳なんてことはせずとも、です。それはおそらく私の仕事をあまり把握していなかったからでしょう。だから、すべて丸投げしていたと考えられます。 ですので、上司は対して説得に困ることはありませんでした。問題は管理部門です。リスクマネジメントが厳しい会社ではここが最大の難関で、翻訳どころのレベルではありません。もうそれはすでに工作の域でしたね(笑) そういうことを考えると、上司にはなるべくフランクに自分の考えも入れながらやっていくと、後々阿吽の呼吸になるかもしれないです。(2009/06/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

宇宙にゴミを出し続けていては、宇宙産業のビッグバンも、月旅行も、火星移住も実現できない。

新谷 美保子 TMI総合法律事務所弁護士