• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「天の声」とは、いったい何を意味するのか

西松建設「無条件降伏」公判での検察側「立証」への疑問

  • 郷原 信郎

バックナンバー

2009年6月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 6月19日に東京地裁で行われた、西松建設前社長らに対する外国為替及び外国貿易法違反及び政治資金規正法違反の事件の第1回公判で、検察側は、西松建設が、社員らを会員にして作っていた政治団体の名義で小沢一郎前民主党代表の資金管理団体「陸山会」への寄附が行われた背景などに関して、詳細な冒頭陳述を行った。

「欠席裁判」に近い西松建設公判での検察側冒頭陳述

 この事件では、小沢氏の公設秘書で「陸山会」の会計責任者の大久保隆規氏も逮捕・起訴され、弁護人のコメントなどによれば、政治資金規正法違反の事実を全面的に争う方針とされているが、西松建設側は、株主総会までに事件を早期に収束させて企業として受けるダメージを最小限に抑えたいとの方針から、第1回公判で事実を全面的に認め、即日結審するというスピード審理となった。

 いわば「無条件降伏」の状態にあり、検察側の主張について争う意思が全くない西松建設側の公判での検察の主張は、相手方当事者の反論、反対尋問を全く受けない一方的なもので「立証」などと言えるレベルではない。事実を全面的に争う姿勢の大久保氏側、そして当該資金管理団体の代表で当事者的立場にある小沢氏にとって、この公判で検察側が主張したことがそのまま報道され世の中にすべて真実のように受け取られるとすれば「欠席裁判」そのものだ。

 裁判員制度が開始されようとしている状況において、同一事件または関連事件について、共犯者の一部が自白し、一部が否認している場合に、このような一方的な欠席裁判のような公判立証を行い、それをマスコミに報道させることは、一般市民の裁判員に不当な予断を与えるもので絶対に許されないはずだ。

 しかも、冒頭陳述などによる検察側の主張の内容は、私が、かねて本コラム(「小沢代表秘書刑事処分、注目すべき検察の説明」など)で指摘し、政治資金問題第三者委員会報告書でも指摘した、検察の捜査・起訴に対する疑問に答えるものにはなっていない。

 それどころか、検察が、この事件の事実関係を歪曲し、それをそのまま報道させることで世論を誘導しようとする意図が窺われる。それが端的に表れているのが「天の声」という言葉の使い方だ。

「天の声」が冒頭陳述で多用された意味

 このような西松建設の公判での主張の中で、検察側が冒頭陳述などで繰り返し用いたのが、「天の声」という言葉である。

 以下は、関連する冒頭陳述の一節である。

 東北地方では、昭和50年代初め、E社が中心となって、東北建設業協会連合会と称するゼネコン各社による談合組織を立ち上げ、以後、E社社員を仕切り役として、談合によって公共工事の受注業者を決めていた。東北建設業協会は平成3年頃表向き解散したが、その後もE社を中心とする談合組織・体制は存続し、談合が続けられた。

 そのような中、岩手県下の公共工事については、遅くとも昭和50年代終わり頃から、小沢議員の事務所(以下「小沢事務所」という)が影響力を強め、前記談合において、小沢事務所の意向がいわゆる「天の声」とされ、本命業者の選定に決定的な影響を及ぼすようになった。また、平成9年頃から、小沢事務所は、秋田県下の公共工事に対する影響力も強め、以後、一部同県下の公共工事に係る談合においても、小沢事務所の意向が「天の声」となった。

 すなわち、岩手県下または一部秋田県下の公共工事の受注を希望するゼネコンは、小沢事務所に対し、自社を談合の本命業者とする「天の声」を出してほしい旨陳情し、同事務所からその了承が得られた場合には、その旨を談合の仕切り役に連絡し、仕切り役において、当該ゼネコンが真実「天の声」を得ていることを直接同事務所に確認のうえ、当該ゼネコンを当該工事の本命業者とする旨の談合が取りまとめられていた。

コメント41件コメント/レビュー

コメント欄をみていて一言だけ。冒頭陳述は、検察官の作文です。これを証拠等で立証していきます。が、被告人側が争わないと、その作文が一応の事実と認定されてしまう。つまり、小沢秘書側の審理を併合せず、一方の主張だけで事実認定をする裁判ができてしまうというのが、今回の一つの問題なんだと私も思っています。(2009/06/28)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

コメント欄をみていて一言だけ。冒頭陳述は、検察官の作文です。これを証拠等で立証していきます。が、被告人側が争わないと、その作文が一応の事実と認定されてしまう。つまり、小沢秘書側の審理を併合せず、一方の主張だけで事実認定をする裁判ができてしまうというのが、今回の一つの問題なんだと私も思っています。(2009/06/28)

>郷原さんが言わんとしている「検察は法律に基づいた立件を」という趣旨は理解できますが、 と書きつつ、>それでも、今回の立件について私は検察に拍手を送りたいと思います。 という面白そうなことを書いておられた人達は、西松側は起訴・自民党側はまたも不起訴という事態にいたってどの様な意見を出すのか興味津々です。 因みに>なぜなら、法律に書いてなくても道義上、悪いものは悪いから というのは立法権を検察(警察)に渡すのに等しいと思うのですが、そんなことは考えないのですね。まるで江戸時代の田舎の下々のようですね。そして“悪いものは悪い”って只の同義反復で、小学生の論理だろうと思うのですが。この理屈だと官僚無謬ということになり、検察ならずとも、全ての官僚たちが感涙に咽びそうですね。(2009/06/27)

中央公論7月号での郷原さんとの討論の最後で、堀田力氏は「与野党関係なく容疑が固まれば立件する(…)それによって事実が明らかにされることが健全な社会だ」と述べている。ここには、冷戦構造下での55年体制に基づく典型的な思考パターンが見られる。つまり、与党=自民党、腐敗=金権政治だから、金権汚職を摘発すれば政治は自然によくなるという、今でも多くの人が抱いている発想だ。ところが、西松献金の場合、総額・人数共に遙かに多い自民党議員の「事実が明らかに」されない限り、堀田氏の理屈は通らない。なぜなら、「立件された事実」より「事実全体」の重みの方が遙かに大きいのだから、小沢氏1人を立件しても、多くの人々が「健全な社会だ」とは考えないからだ。むしろ、自民党を利するための「国策捜査」と言われても仕方なくなり、その埋め合わせののためにますます「国策的な」動きに陥らざるを得なくなるのではないか。今回の西松裁判を振り返ってみても、「天の声」などという、古色蒼然たる、メディア受けを狙ったとしか思われない言葉の連呼などに、とりわけその感を深くした次第である。(2009/06/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長