• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

オフィス家具「中古で十分」

大企業も物色、事務所撤退・縮小で活況

2009年6月29日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 通常なら約15万円の米ハーマンミラー製高級オフィスチェア「アーロンチェア」が約7万円。人間工学に基づいて設計された米スチールケースの「リープチェア」は約16万円が約3万円。歴代総理も座るスイスのヴィトラの高級いす「イマーゴ」は机とのセットで約100万円が30万円強…。

 これらはすべて、中古オフィス家具販売大手のオフィスバスターズが販売している商品ラインアップの一部である。

高級オフィス家具が半値以下

 いずれの高級オフィス家具も、つい1年ほど前まで、大手町や丸の内といった大都市のオフィスビルに置かれていたものだ。外資系金融機関の荘厳な雰囲気を演出する代物として、あるいは新興不動産会社の成功の象徴として、都心の高級オフィスで見かけることが少なくなかった。

中古の高級オフィスチェア
ずらりと並ぶ中古の高級オフィスチェア。「売約済」の札も目立つ(オフィスバスターズ錦糸町店)(写真:的野 弘路)

 それから1年。金融危機が世界を襲い、情景は様変わりした。都心オフィスから外資系企業や不動産会社が次々と撤退。東京都千代田区に拠点を構えるドイツ証券の日本法人がオフィスを縮小したほか、フランスの証券会社の日本支店が東京都港区のオフィスビル「虎ノ門タワーズ」を引き払うなど、今年に入ってからも外資系企業のリストラが続いている。そして、次々と処分される高級オフィス家具の受け皿となっているのが、オフィスバスターズのような中古オフィス家具販売会社なのである。

 「都心から郊外へオフィスを移転するから、いすや机を処分したい」「契約中のオフィスを数フロア分返上したため、不要になったオフィス家具を引き取ってほしい」…。オフィスバスターズのマーケティンググループ長を務める大川伸也氏の元には、今も企業の総務担当者からの電話が引きも切らない。

コメント2

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「オフィス家具「中古で十分」」の著者

蛯谷敏

蛯谷敏(えびたに・さとし)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション編集を経て、2006年から日経ビジネス記者。2012年9月から2014年3月まで日経ビジネスDigital編集長。2014年4月よりロンドン支局長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長