• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

骨肉の争いが形勢逆転、「筆跡」巡り割れた最高裁判決

老舗かばんメーカー「一澤帆布」を舞台に長男と三男が対決

2009年6月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 京都の老舗かばんメーカー「一澤帆布工業」を舞台にした相続問題が、決着に向けて大きく動き出した。6月23日に開催された最高裁判所第3小法廷(藤田宙靖裁判長)で、故一澤信夫氏が所有していた同社株の相続権が長男にないことが確定したのだ。

 一澤帆布の創業は1905年。帆布と呼ばれる丈夫な布で製造されたかばんは耐久性とシンプルなデザインが特徴だ。幅広い世代から支持され、「一澤帆布」の名は全国に知れ渡った。

 転機を迎えたのは、3代目の社長であった信夫氏が死去した2001年3月。年間売り上げが10億円を超える人気店の相続を巡り、長男と三男が激しく対立する遺産争いに発展した。

2通あった遺言書

一澤帆布工業株の相続権がないことが確定した長男の一澤信太郎氏 (写真:永野 一晃)
画像のクリックで拡大表示

 京都の老舗ブランド店で起きた“お家騒動”ということで、テレビのワイドショーや週刊誌などでもたびたび取り上げられた。また、中小企業の経営者にとって今回の出来事は“他山の石”とすべき教訓が秘められている。多くの中小企業にとって、経営権のスムーズな移行は極めて重要であるからだ。

 今回の裁判では遺言書の筆跡鑑定がどこまで科学的であるかも焦点となった。

 信夫氏が作成したとされる遺言書は2通あり、2004年12月の最高裁判決では長男が所有していた遺言書が本物であると認定されていた。三男側の敗訴は確定していたはずだったが、2007年に三男の妻が起こした訴訟によって長男有利の遺言書が「著しく不自然で不合理」として本物と認められなくなったのだ。

 2度の最高裁判決で全く異なる内容となったのはなぜか。とりわけ、今回の騒動は登場人物が多数いるので分かりにくい。そこで、時系列に沿ってこれまでの流れを整理してみよう。

もとは「赤字すれすれの零細企業」

 信夫氏には4人の息子がいた。長男の信太郎氏、次男、三男の信三郎氏、そして四男の喜久夫氏。次男は早世したので、信夫氏は妻とともに3兄弟を育て上げた。

 信夫氏はかばん職人としてだけでなく教育者としても優秀だったのだろう。長男の信太郎氏は京都大学を卒業後に東海銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。三男の信三郎氏も朝日新聞社に入社した。四男の喜久夫氏は手が器用で、絵を描くのもうまかった。一澤帆布のシンプルで実用的なデザインの大半は、喜久夫氏の手によるものだという。

一澤帆布製のかばん。丈夫で長持ちする手作り製品として人気を集めた (写真:永野 一晃)
画像のクリックで拡大表示

 一澤帆布の売り上げが大きく伸びたのは、信三郎氏が家業を手伝うようになった1980年からだ。喜久夫氏は病気がちであったため、信夫氏は長男か三男に家業を手伝うことを求めたという。当時の話し合いで実家の近くに住んでいた信三郎氏が家に戻ることになった。

コメント7件コメント/レビュー

長男が家督を継ぐというのは、武士の世界ですね。商人の世界では、長男(実子)がぼんくらな場合、優秀な人材を婿養子にして店を継ぐような傾向が江戸時代からありました。(2009/06/27)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「骨肉の争いが形勢逆転、「筆跡」巡り割れた最高裁判決」の著者

坂田 亮太郎

坂田 亮太郎(さかた・りょうたろう)

日経ビジネス副編集長

東京工業大学大学院修了後、98年日経BP入社。「日経バイオテク」「日経ビジネス」を経て2009年から中国赴任。北京支局長、上海支局長を経て2014年4月から日経ビジネスに復帰

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

長男が家督を継ぐというのは、武士の世界ですね。商人の世界では、長男(実子)がぼんくらな場合、優秀な人材を婿養子にして店を継ぐような傾向が江戸時代からありました。(2009/06/27)

あれは品質やサービスを頑なに守ろうとするせいで、一部の顧客しか受入れられない店なのです。そんな「そこそこの商い」で何十年も続いているのです。守りたいのは、職人のプライドなのです。当たり前によいものを作ってマスコミに取り上げられて、こないようけ来てもろてもなあ、ありがたいけど、と困惑してはるのが本音なのでは? そういう商いがあってもええやないですか。 行列は報道に踊らされて店と長く付き合う気のないヒトが押し寄せるからかと。 あの鞄は、何年たっても実費だけで修理してくれるのですよ。赤字で。そこまで鞄と付き合えますか? 後継者云々は知らんけど、両方でええもんを作り続けてくれはったら一顧客として喜ばしいのです。(と、お店に伝わったらええねんケド。(2009/06/26)

製造業、それも手作りでの業を売りにしている会社なら、職人が付いていった方が「真」である。OEMで作られた一澤帆布になんの意味があろうか。それこそ形骸化したブランドでしかない。(2009/06/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長