• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

第24話 東国原騒動と地方分権

  • 出井 康博

バックナンバー

2009年7月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 総選挙は8月上旬との見方が強まる中で、2人の人気知事の動向に注目が集まっている。自民党から出馬要請を受けた東国原英夫・宮崎県知事は、「総裁候補」を条件に突きつけた。総選挙前の支持政党表明を宣言した橋下徹・大阪府知事には、新党結成も噂される。

 両知事が求めるのは「地方分権」だ。麻生太郎内閣の支持率低迷に喘ぐ自民党では、2人の気を引こうと「地方分権」の大合唱が始まった。小泉純一郎元首相が仕掛けた前回の“郵政選挙”に続き、今回は“地方分権選挙”が展開しそうな勢いだ。

 地方分権が実現すれば、自治体レベルでの政治の責任が増す。だが、有権者が地方政治の実態について知る機会は限られる。マスコミの注目度は低く、投票率も国政レベルと比べて高くない。いったい現場では何が起きているのだろうか――。

結局は無投票で当選

 前回の連載では、民主党代議士・Aの秘書Oが、地元県議選に立候補した経緯について書いた。民主党県議が市長選に出馬し、空いた議席を争う補欠選挙に同党公認で挑むことになったのだ。

 Oは高校の教員を辞めてから丸4年、地元秘書という裏方としてAを支えてきた。そのOが初めて主役となって挑戦した選挙は、意外な形で決着した。他に候補者が1人も出ず、無投票で当選が決まったのである。

 Oが立候補した選挙区の定数は3。今回争われるはずだった議席を除けば、残りの2議席は自民党と共産党が占めている。当選が決まったOを含め、2年後には3議席すべての改選がある。

 1つの政党で2議席を取った場合、改選時に共倒れになってしまうかもしれない。そのことを恐れ、自民党や共産党、公明党などがそろって候補者の擁立を見送った。一方、民主党内では立候補に意欲を見せた市議が複数いたが、公認が得られず出馬しなかった。

 Oに対する民主党関係者の評価は高い。ベテラン市議らを押しのけ公認候補となったのも、秘書としての実績や人間性が評価されてのことだ。とはいえ、Oにとっても投票を経ずしての当選が、果たして良いことなのかどうか。

まるで政党間の談合

 小選挙区で争われる総選挙とは異なり、都道府県レベルの選挙では定数が2人以上という選挙区が過半数を占める。そうした複数選挙区をよく見てみると、議席は政党で仲良く分け合うのが“常識”だ。

コメント9件コメント/レビュー

東国春知事と橋下知事がたくさんメディア露出しているのは間違いない事実ですし、そのおかげで支持率が高いのも相関関係があると思います。しかし、この2人は少なくとも実績を残しています。橋下知事以前の知事が大阪の借金について少しでも返済をしよう、収支のバランスを整えようとしたことがあったでしょうか?また、宮崎の特産品をコレだけ全国に売った知事が宮崎にいたでしょうか?そのおかげで宮崎への移住者や観光業も伸びていると聞いています。人気がメディアによるものであるのは事実ですが、少なくとも実績についてまで否定する人たちは一体何を見ているのか?見識を疑いたくなりますね。(2009/07/04)

「衆院選「候補者A」かく闘わんとす」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

東国春知事と橋下知事がたくさんメディア露出しているのは間違いない事実ですし、そのおかげで支持率が高いのも相関関係があると思います。しかし、この2人は少なくとも実績を残しています。橋下知事以前の知事が大阪の借金について少しでも返済をしよう、収支のバランスを整えようとしたことがあったでしょうか?また、宮崎の特産品をコレだけ全国に売った知事が宮崎にいたでしょうか?そのおかげで宮崎への移住者や観光業も伸びていると聞いています。人気がメディアによるものであるのは事実ですが、少なくとも実績についてまで否定する人たちは一体何を見ているのか?見識を疑いたくなりますね。(2009/07/04)

こういう記事を読むと、東国原氏はメディアの使い方がうまいなぁと改めて関心する。体の良い断り文句かつ注目を集めることを見越して「総理にしろ」といい、“地方分権”という自分の主張を広めようとし、まんまとこういう記事に繋がると。マスコミさんも分かってますよね!分かってて地方分権に賛同して東氏に乗ってるんですよね!…どうしても天邪鬼な自分からは、元身内で取材しやすいタレント知事だから結果的に「過剰なまでの注目」になってるだけに見えるけどさ。(2009/07/03)

先ずは、次の衆議院選挙で自民党を下野させる事でしょう。大体1つの政党がほんの一時期を除いて、ほぼ半世紀以上政権を維持しているような国は、日本を除いて民主的な先進国では他にありません。選挙のたびに、口では(選挙公約)旨い事言ってますが、当選してしまえば、どこ吹く風ってなもんだったのが今までです。そして常に官僚の味方であり、国民の味方で無かったのが自民党です。それもこれも全ては今まで、それでも自民党を選び続けた我々国民の責任です。皆さん、目を覚ましましょう、そしてもう1つの選択肢(民主党)を育てましょう。(2009/07/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員