• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“3代目”麻生がぶち壊した吉田茂の戦後政治

御厨貴・東京大学教授が、総選挙と「その後」を展望する

2009年7月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 衆院解散の足音がひたひたと近づいてきた。麻生太郎総理は8月上旬の投開票を示唆。その通りに事が進めば、東京都議選後の解散が有力だ。もっとも、麻生総理に伝家の宝刀が抜けるのか――。懐疑的な見方も永田町では囁かれる。

 激化し始めた麻生降ろし。総裁選を実施、新しい選挙の顔を立てて選挙を戦うという選択肢も当然あり得る。8月2日、もしくは9月6日。現在、指摘されている投開票日は8月2日か9月6日。いずれにせよ、1~2カ月の間に、解散総選挙が訪れる。

 目前に迫る解散総選挙。麻生政権とは何だったのか、今回の総選挙はどういう意味を持つのか、総選挙後の政界はどのような光景になっているのか――。少し気が早いが、現代日本政治に詳しい東京大学の御厨貴教授に話を聞いた。

(聞き手は日経ビジネス オンライン、篠原匡)


 ―― 今度の総選挙では、政権交代が1つの焦点になります。その点について、どのようにお考えでしょうか。

 御厨 要するに、政権交代が今回の総選挙のメルクマール(指標)になるかどうかということだよね。それはどうかと言うと…、まあ、なるんですよ(笑)。

 その理由は非常にはっきりしています。安倍政権の時に、衆参のねじれ現象が生じました。そのねじれを解消するには、衆院を解散して民意を問うほかになかった。

「解散圧力がトラウマになって1年が過ぎた政権」

御厨 貴(みくりや・たかし)氏
1951年東京都生まれ。75年東京大学法学部卒業、東京都立大学(現首都大学東京)法学部教授、政策研究大学院大学教授を経て、2002年に東京大学先端科学技術研究センター教授に。政治家や官僚の「オーラルヒストリー」を主要な研究テーマとする (写真:村田和聡、以下同)

 御厨 ところが、「自民党がサボっていた」と言ったら悪いけれども、安倍政権では解散ができず、福田政権でもできなかった。さらに、衆院を解散するために総理大臣になった麻生総理が解散をしないという恐るべき事態になり、そのまま9カ月以上が過ぎてしまった。

 ―― 確かに、選挙の顔として党総裁に選ばれたわけですからね。

 御厨 にもかかわらず、麻生さんという人は解散せずにあがき続けた。はっきり言えば、衆参のねじれによって、日本の政治は止まっているんですよ。野党も参議院ではいろいろとできるけれども、衆議院では負けていますからね。この何もできないという状況の中で、ここまできてしまった。

 麻生政権は自民党が総選挙で勝てるタマとして、総裁選のためだけに選んだ政権でした。彼で勝てると踏んだからみんな麻生さんを認めたんだよ。なのに、解散をしなかった。「明日は支持率が上がるだろう」「明日は上がるだろう」という具合に、支持率上昇が麻生総理の唯一の願いだった。

 だけど、上がらなかったよね。結局、麻生さんは解散をせずに1年間あがいたけれども、実際にしたことは補正予算のバラマキぐらい。麻生政権は何だったのかと言えば、「解散圧力がトラウマになって1年が過ぎた政権」ということになりますね。

 ―― 西松建設の違法献金事件の後は支持率が上向いたんですけどね。

コメント19件コメント/レビュー

麻生政権に失望とのことだが、麻生政権が成立させた法案、参加した世界会議での成果等は把握してるのでしょうか?民主党の不利な点と同様にマスメディアは触れようともしませんが。現在参加中のG8についても詳報はないですよね。(2009/07/07)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「“3代目”麻生がぶち壊した吉田茂の戦後政治」の著者

篠原 匡

篠原 匡(しのはら・ただし)

ニューヨーク支局長

日経ビジネス記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長。建設・不動産、地域モノ、人物ルポなどが得意分野。趣味は家庭菜園と競艇、出張。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

麻生政権に失望とのことだが、麻生政権が成立させた法案、参加した世界会議での成果等は把握してるのでしょうか?民主党の不利な点と同様にマスメディアは触れようともしませんが。現在参加中のG8についても詳報はないですよね。(2009/07/07)

日本と欧米民主主義国家との、根本的な違いは、日本には反日教育で日本を否定する反日勢力がある、ということです。旧社会党がそれにあたるが、先生のご指摘どおり、多くの党員が民主党に流れている。 これは他の国にはないことです。民主党が政権をとるということは北朝鮮総連、韓国民潭、部落開放同盟、日の丸君が代反対の日教組、年金事務をかく乱した自治労などの利益代表が 日本の舵取りをする、ということです。世論を誘導する マスコミや学者の責任は重大です。(2009/07/04)

民主党になれば日本社会はよくなる、とおもっていると、とんでもないことになるという事実も述べられているのには客観的なご意見だとおもいました。日本が欧米の民主主義国(与野党政権交代をしている)と、根本的にちがうところがあります。それは 日本の中に、反日教育をしている国々と通じている勢力があることです。民主党寄せ集めの中の多くが、その旧社会党であり、それを先生は危惧しておられるのでしょう。私はその危惧があたっているとおもいます。民主党が政権をとったら、その勢力がおもうがままに、日本にとって主体をなくしていくように仕向けるでしょう。国連が中国ロシアアメリカに牛耳られているのに国連主義を唱える非現実的な小沢さんの、国際感覚を疑います。これ以上日本に中国朝鮮半島から移民を増やそうという政策や外国人移住者に選挙権を与えようという政策は、日本に向けて核ミサイルを福建省からいつでも発射しようという国を利するだけでしょう。日経は、経済も国家あってのこと、という視点が抜け落ちています。政治家も同じこと。金のためなら何でもいい、というなら、侵略虐殺国家と同じ穴の狢です。その点、麻生さんは四面楚歌の中でよくやっているようです。この国の、平和ボケ思考停止は学者とマスコミが大いに寄与していることを、しみじみ思いました。理想主義を掲げることが長期的には他国の侵略に貢献していた、ということになりかねません。これを心配しすぎだとか幻想だとか思うのは、国際社会がどういうダイナミックスで動いているのか、日本がどの立ち位置にいるのか、日本が敗戦に陥ったのも「国際感覚の欠如」と半藤一利さんが述べておられましたが、同じことが今も起こっています。日経を筆頭とするマスコミは、どの勢力が仕切っているかわかりませんが、日本をおかしな方向に誘導していることを自覚してやっているのか、と感じました。アメリカと並んで不法滞在者の多い日本を、「日本は日本人だけのものではない」と言い切った鳩山さんに政権をとらせようということの愚に 思い至っていただきたいものです。(2009/07/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長