• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ECナビ、携帯事業に参入

KDDIのインフラ活用、ポイントサービスも

  • 中島 募

バックナンバー

2009年7月7日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 インターネットで価格比較サイトを運営するECナビ(本社東京都渋谷区)が、8月3日に携帯電話の事業に参入することが明らかになった。

 加入申し込みは通販に限定。7月2日から自社の価格比較サイトを中心に加入の予約を受け付ける。10万人を目標とし、まずは同サイトに登録する約260万人のユーザーに訴求する。

MVNOの仕組みを利用

 通常、携帯電話の事業に参入するには数百億~数千億円の投資が必要と言われる。しかしECナビのようなネットベンチャーが携帯電話の事業に参入できるのは、他社からインフラを借りてサービスを提供するMVNO(Mobile Virtual Network Operator=仮想移動体通信事業者)の形態を取るためだ。

 KDDIの携帯電話のネットワークと、IT(情報技術)関連のインフォニックス(東京都豊島区)が提供するMVNO向けの支援サービスを活用する。月額料金の徴収やアフターサポートはインフォニックスが代行する。

 通話やメール、ネット利用などの料金体系は、KDDIのauサービスに準じる。端末についても、auの端末に独自のロゴをつけたものを販売する。サービス開始当初に売る端末は、auの夏モデルの中から売れ筋の3機種。KDDIの新機種投入に応じて機種を加える計画だ。

携帯電話事業の仕組み

 ECナビのサービスの特徴は、端末の購入料金や月額料金に応じて発行されるポイント。端末にはポイント獲得のキャンペーンサービスの情報などを表示する専用ソフトも搭載する。同社の子会社であるPeXを通じて、「Edy(エディ)」などの電子マネーや航空会社のマイルといった提携約40サイトの商品やサービスと交換できる。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長