• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第12回 「ちいさく、かわいく、きっちりと」!

  • 山田 ズーニー

バックナンバー

2009年7月6日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

実力以下に見られて損をしている人、
意外に多いんじゃないだろうか?

「伝えなければ、伝わらない」

まず、この厳しい現実をしっかり受け止めよう。

あなたが内面に、
どんなよい資質や能力をもっていたとしても、
言葉や行動など、なにかカタチにして表さないと、
人に知ってもらうことはできない。

「おまえは、一緒に仕事をしてみると、
ほんとにすごいやつなんだけど、
一見して、そんなふうに見えないよな。
おまえ、アピール不足で損をしてるよ」

なんて上司に言われてしまったとき、
どうすればいいのだろうか?

焦って「自己アピール」に走るのは、すすめられない。

日本人は、謙虚な人を好み、
自分を誇示する人にあんまり好感を持たない。

それに、上司のもとには、日々、
「わかってくれ、認めてくれ」という部下からの
たくさんのアピールがおしよせており、
もしもあなたが自己アピールに走ったとしても、
上司は、「またか」とうんざりするか、もしくは、
「自分を宣伝している」そのこと自体をうとましく感じ

「新人のくせに、自分の宣伝をする暇があったら働けー!」

ということにもなりかねない。

アピール不足と言われるとき、
必要なのは、アピールではない。
必要なのは、「コミュニケーション」なのだ。

実力以下に見られる人のほとんどが、
上司や同僚と「コミュニケーション不足」なのだ。

きょうは、
自分のことを上司や同僚に正しく知ってもらうための、
そして、
自分の等身大のメディア力(=信頼性)を築くための
コミュニケーション術を身につけよう!

コミュニケーション不足と指摘される人の
ほとんどがこう言う。

「必要なとき以外、コミュニケーションをとらない。」

必要最小限、これは危険な発想だ。
必要なときはコミュニケーションをとるんだから
いいじゃないかと思われがちだが、
実はそうではない。

極端に言うと、あなたのメディア力に
「問題児」のレッテルが押される危険性だってあるのだ。

私自身、企業に16年、編集者として勤めたが、
「メディア力」のなんたるかに気づいていなかった
はじめのころ、大失敗をした。

コメント4

「新人諸君、半年は黙って仕事せよ。山田ズーニーのフレッシュマンのためのコミュニケーション講座」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。

中谷 巌 「不識塾」塾長、一橋大学名誉教授