• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「至近」だけでは物事を見誤る

【補講】進化政治学の可能性

  • 森川 友義

バックナンバー

2009年7月13日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 進化政治学という立場から、間もなく実施されるであろう衆議院選挙を話題の中心に据えて、政治活動や投票行動を解説してきました。政治制度や派閥力学などから現状を分析する政治学とは、全く異なるアプローチです。

 方法論として言えば、「至近メカニズム」と「根源的メカニズム」ということになります。今、我々の行動に関する仮説は、「何があるから、こうなる」という直接的な因果関係を基に生み出す至近メカニズムが主流です。しかし、それは本来であれば、進化過程との整合性によって裏づけされなければならないのです。この根源的メカニズムからの研究が、政治学ではほとんど行われていませんでした。

 環境が目まぐるしく変化するのに比べて、人間の進化は速度が非常に遅い。生物学者の間では、氷河期が終わった約1万年前の遺伝子と、現在の遺伝子がほぼ同じであるとのコンセンサスがあります。この事実は、狩猟採集時代に最適に進化してきたヒトの遺伝子が、18世紀の産業革命以降に急激に工業化が進んだ経済や社会、政治のシステムで、適応齟齬を来している可能性を意味しています。

 この点を解明してきちんと手立てを講じれば、政治をもっとよくできるかもしれない。私たち、進化政治学者はこんな希望を持っています。

戦争、少子高齢化などの問題解決も

 ここで、進化政治学をおさらいしておきましょう。ポイントは次の3つで、仮説の構築や検証における前提となっています。

(1)ヒトの遺伝子は突然変異を通じた進化によってもたらされたもので、このような遺伝子は政治分野の意思決定過程において影響を与えている

(2)限られた資源である食料と異性を獲得することは人間の根源的欲求であり、その欲求にかかわる問題一つひとつを解決するために自然選択と性選択を通じて脳が進化した

(3)現在のヒトの遺伝子は、少なくとも最後の氷河期を経験した遺伝子とほとんど変わっていないという事実に基づき、現在の政治現象は、狩猟採集時代の行動形態から説明されなければならない

 まず(1)が意味するのは、ヒトの進化過程と先天的変数の重要性です。進化政治学者は、このような根源的な遺伝子レベルの変数が政治の分野における意思決定に影響を与えているというスタンスを取っています。

 政治学以外の分野では先天か後天かという問題は重要な視座として研究が行われてきました。ところが、政治学ではこれまで、後天的変数、例えば教育程度、経済力、社会的地位などに重きを置かれていました。実際は、それだけではなく、第2講や第5講でお話ししたように、遺伝子レベルの先天的要因、例えばテストステロンといったホルモン、あるいはドーパミンなどの神経伝達物質の多寡といった内分泌学的変数が政治的意思決定に影響を与えるものと考えています。

 そして(2)では、脳は、生存を脅かす問題解決のために進化が生じたという点を説いています。脳は政治問題すべてを解決できるほどには万能ではなく、個別の問題に対して試行錯誤しつつ「最大化」というより「満足化」のプロセスを踏まざるを得ないということ、また、脳の進化を知るためには、人類が直面した問題は何だったのか、問題を解決するためにどのようなメカニズムが作動しているのかなどの理解が必要であるとしています。

コメント0

「「進化政治学」で選挙が見える」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長