• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第8話:本当に安全なペットフードとは?

  • 津田 和壽澄

バックナンバー

2009年7月8日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 梅雨明けと夏本番のはざまの7月。人もコンパニオン・アニマルも、食欲が乱れがちな時期である。今回は「食」について考えてみたい。

 ヨークシャー・テリアのピピとの生活で、絆が強まるにつけ「1日でも長く、この子と一緒にいたい」「最後のその時まで、健康でいてほしい」と願うようになる。そう思うと、急に様々な情報が気になり始める。健康に良いと知ったフード、おやつなども、いろいろと試してみたくなる。しかし調べ始めてみると誰もが、ドッグフードやキャットフードの種類の多さに圧倒され、選択の迷路に踏み込んでしまう。

 「人の残したご飯に味噌汁をかけて食べさせる」という食事は、今となっては、はるか昔のことだ。

 インターネットを駆使すれば海外情報も容易に手に入り、平行輸入で“最高のドッグフード、キャットフード”を取り寄せることもできる。第5話「ペットに10万かける女たち」で紹介したオーナーたちほどではないにせよ、自分の食事は手抜きしても、コンパニオン・アニマルには少しでも健康によいものを与えたいと思うオーナーは、私だけではないのでは?

 今日、犬用も猫用も、数えきれないほどのドライフードやウェットフードが販売されている。動物用のサプリメントもある。およそ人間用のサプリメントのほとんどはペット用にもある、と言っていい。

点滴を受けて食欲が復活した時のピピ

 フードにオーガニック素材を使うのは自然な流れであり、さらに高級食材による手作りやオーダーメード手作りフードのデリバリー、ローフード(生肉など)など、情報は溢れかえっている。心あるオーナーであればあるほど慎重にもなり、どれを選ぶべきか迷いも深刻である。

 その一方で近年、アレルギーを持つ犬・猫が増えているという。フードの素材や製造方法は、コンパニオン・アニマルのQOL(生活の質)に関わってくるのだろう。

 人間だけでなく、コンパニオン・アニマルの世界でも、食の安全が重視され、フードで悩むオーナーが増えていることを受け、今年6月1日「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)」が施行された。

 その背景には、2007年米国で、中国産の原材料に有害物質(メラミン)が混入したフードが原因で、多数の犬や猫が死亡したことがあり、農林水産省と環境省が合同で研究会を設置し、この法律が生まれた。

やっとできた、ペットフード安全法

 ペットフード安全法により、国が定めた基準や規定に合わないフードの輸入、製造、販売を禁止することができ、2010年12月以降に販売される犬・猫用ペットフードには、名称、原材料、賞味期限、製造業者等の名称または住所、原産国名の表記が義務づけられる。

 違反した法人には最高1億円の罰金、法人代表者には懲役1年以下、罰金100万円以下が科せられるという。この法律の概要について、『愛犬の友』2009年7月号から抜粋すると、次のようになる。

(1) ペットフードの基準、規格の設定
(2) 有害な物質を含むペットフードの輸入、製造、販売の禁止(平成21年12月より)
(3) 有害な物質などが混入したペットフードが流通するなどした場合の廃棄、回収などの必要な措置の命令
(4) 輸入業者、製造業者の届出の義務づけ
(5) 輸入、製造、販売の記録を残すため、帳簿の備えつけの義務づけ
(6) 問題が起きた場合などにペットフード清掃業者などからの報告徴収、立入検査など

 私はこの内容を知り、「むしろこれまで、そのようなことがなされていなかったのか」という驚きを持った。

 長年のフード研究、販売を通じ、健やかな犬の生活をサポートしている「DOG WISH」代表の栗原隆裕さんによると、このような法律だけでは、まだまだ安心してフードを購入できないと言う。そこで栗原さんに、安心できるフード選びのコツを尋ねると、明確な回答が返ってきた。

 「メーカーもそうですが、売る側の責任として小売店が自ら、第3者機関に分析試験成績書を依頼し証明書として公表している製品があります。こういったフードなら、安心です」と栗原さんは言う。

コメント5件コメント/レビュー

今回、コンパニオンアニマルのフードのお話で、ペット栄養管理士の自分にとって再認識できる記事でした。一昨年の12月に愛犬を肥満細胞腫(悪性腫瘍)で亡くしました。ガンだったので、ほおって置くとみるみるやせ細っていくと思い、あれこれと食事には気を使い、発病、抗がん剤投与、投薬、切除手術と全てを経験しても体重を落とさず、むしろ増やして体力をつけました。かなり進行していたにも関わらず、朝晩各1時間の散歩、食事等普段と変わりなく亡くなる2日前まで普通に生活させてやることができました。そんな経験を生かして食事に悩んでいる方の相談に乗っておりますが、フードジプシーといわれる方々が非常に多いです。人間の食べ物を与えてしまったゆえに、ドッグフードを食べなくなったり、おやつを与え過ぎて食事量が減ったなど原因があるにもかかわらず、飼い主があれこれとフードを変えてしまう。フードの内容が変わることも犬にとってはストレスになることも忘れてはいけないことを思い出させてくださいました。ありがとうございました。(2009/07/09)

「ペットを看取るということ 天国の犬からの宿題」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今回、コンパニオンアニマルのフードのお話で、ペット栄養管理士の自分にとって再認識できる記事でした。一昨年の12月に愛犬を肥満細胞腫(悪性腫瘍)で亡くしました。ガンだったので、ほおって置くとみるみるやせ細っていくと思い、あれこれと食事には気を使い、発病、抗がん剤投与、投薬、切除手術と全てを経験しても体重を落とさず、むしろ増やして体力をつけました。かなり進行していたにも関わらず、朝晩各1時間の散歩、食事等普段と変わりなく亡くなる2日前まで普通に生活させてやることができました。そんな経験を生かして食事に悩んでいる方の相談に乗っておりますが、フードジプシーといわれる方々が非常に多いです。人間の食べ物を与えてしまったゆえに、ドッグフードを食べなくなったり、おやつを与え過ぎて食事量が減ったなど原因があるにもかかわらず、飼い主があれこれとフードを変えてしまう。フードの内容が変わることも犬にとってはストレスになることも忘れてはいけないことを思い出させてくださいました。ありがとうございました。(2009/07/09)

私もペットを失った経験があるので、その時を思い出したり考えたりしながら、毎週記事の更新を楽しみにしています。▼早速ですが、本文で紹介されているショップで販売しているドッグフード(ナチュラルライフ)が、まさに文中にあった「その背景には、2007年米国で、中国産の原材料に有害物質(メラミン)が混入したフードが原因で、多数の犬や猫が死亡したことがあり」に該当する製品です。▼輸入代理店の正式な見解もあります。http://www.profit-inc.co.jp/recall1.htm▼現在は対策もされ、まったく問題ないようですが、その点にも記事で触れていただければ、読者の判断材料が増えてよかったと思います。(2009/07/08)

前に飼っていた猫は、血液検査も予防注射もせず、人間の残り物を適当にやって、家の内と外を自由に行き来し、近所の人からも食べ物をもらい、病気知らずで20年以上生きました。今の猫は、検査も予防注射もし、怪我や病気が怖いので家から出さず、「第3者機関に分析試験成績書を依頼し証明書として公表している製品」を食べさせ、獣医師に勧められたサプリを与え、至れり尽くせりの生活をさせていたのに、3歳で尿路結石の手術をすることになりました。筆者のいうように、動物も人間と同じで、持って生まれた体質や生活習慣の影響が大きいと感じます。飼い主が神経質になりすぎてもストレスを与えます。とはいえ、もとの半野良猫状態で育てる勇気はないので、今は、最低限の勉強はし、せめて安全製の高いものを選ぶ知識は持ちたいと思っています。役に立つ情報をありがとうございました。(2009/07/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長