• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

草食男子と婚活、負け犬と肉食女子

中国や台湾でも草食男子ブーム

  • 深澤 真紀

バックナンバー

2009年7月9日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2006年10月、日経ビジネスオンラインの「U35男子マーケティング図鑑」の中で私が命名した「草食男子」は、この3年間にいろいろな形で広まることになりました。

 このたび、連載をまとめた単行本『平成男子図鑑』(日経BP社)が、『草食男子世代~平成男子図鑑』(光文社知恵の森文庫)と改題して文庫本になったのを機に、草食男子ブームの中間総括をしてみたいと思います。

「草食男子なんていない」と言われた2006年

 「草食男子」について最初に書いた時には反響が大きかったわけではありませんでしたし、「こんな男がいるわけがない」という反応もありました。

 とにかく、私も担当者も、周囲の人間は誰一人として、この言葉がこんなに話題になるとは予想もしていなかったのです。

 ところが、2007年頃からアンアン、ノンノ、ウィズなどの女性誌が取材に訪れて、「若い女性読者が男性の草食化に困っている! どうしたらいいですか」と聞かれるようになりました。

 このように、まずは多くの女性誌で草食男子特集が組まれ、その女性誌の記事がウェブニュース(「『草食男子』の増加で女性誌の恋愛特集がアグレッシブに」(「Elastic」2008年4月11日)などでも話題になり始め、そのうちに「草食系男子」という名称も生まれ、様々な本も刊行されるようになりました。

 現在では、草食男子というテーマの本だけではなく、私が名づけた肉食女子(肉食系女子)をテーマにした本も多く刊行されています。肉食女子については、連載「平成女子図鑑」の中でも書いています(参考記事はこちら

 私が最初に定義した草食男子とは、「もてないわけではないが恋愛やセックスにがっつかない」「据え膳も食わないし、送り狼もしない」「男女関係をワリカンで考え、女友達も大事にする」というものでした。

 メディアで草食男子を取り上げる時、彼らの特徴として「甘いものが好き」「あまりお酒を飲まない」「たばこを吸わない」「デートは割り勘」「お母さんやお友達が大好きで、地元が好き」などが挙げられています。こうした男子の生態も、私は「リスペクト男子」「しらふ男子」「オカン男子」「ニュアンス男子」などとして書いています。

 このように、最初の草食男子という呼び方がだんだんと拡大解釈され、メディアではまとめて、「草食男子」または「草食系男子」と呼ばれるようになったのです。

 2009年には、「草食男子」を新聞各紙が紹介するようになり、さらにテレビやラジオで毎週のように取り上げられるようになり、一気に広まりました。

草食男子と久米宏氏とは相性が悪い?

 テレビでこのテーマを何度も取り上げたのが久米宏氏です。

 「久米宏経済スペシャル新ニッポン人現わる2」(2008年12月28日放送)では、「1秒でも早く結婚したい女達」と題して、スタジオに20代で結婚した女性にウェディングドレスを着せて(!)ひな壇に並べ、その反対側には30~40代の未婚女性を並べるという趣味の悪さで、番組はスタート。

 婚活事情や、婚活に興味のない男性として草食男子を取り上げたのですが、秋葉原でフィギュアを買う男性に取材して、オタクと草食男子を一緒にして論じるというものでした。

 さらに、「久米宏のテレビってヤツは!?」(2009年2月18日)でも、「近ごろの男はなぜ女性とラブホに行っても何もしない? 草食系?」とまた取り上げましたが、ここでは草食男子と一緒に、男性用ブラジャーのメンズブラをとりあげていました。

 私もコメント取材を受け、「草食男子は新しい男らしさを持っている」とは言ったのですが、それについては触れられることはありませんでした。

コメント25件コメント/レビュー

本家の草食動物の方々はセックスもお盛んです。人間の様に年中発情していませんけど。 あ、それは肉食動物の方々にも言えることですが。 産んでは食べられて、ピクミンそのものですね。 どうも深澤さんの言う所の本質は、社会情勢が動物としての本能にさえ影響していると言う事でしょうか。 個人的には単にやらず嫌いだと思いますけど。 やかん検定が必要かな?   (ボボ・ブラジル)(2009/07/13)

「「草食男子」も悪くない」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

本家の草食動物の方々はセックスもお盛んです。人間の様に年中発情していませんけど。 あ、それは肉食動物の方々にも言えることですが。 産んでは食べられて、ピクミンそのものですね。 どうも深澤さんの言う所の本質は、社会情勢が動物としての本能にさえ影響していると言う事でしょうか。 個人的には単にやらず嫌いだと思いますけど。 やかん検定が必要かな?   (ボボ・ブラジル)(2009/07/13)

私は新人類と呼ばれた世代です。新人類は確か、当時のアニメ用語のニュータイプから取られた造語だったと思います。その意味で私自身も、あの時代の草食系男子だよな~、などと思いつつ本文を読ませていただきました。だいたい昔から「今の若者は」と云うセリフはありましたが、そのセリフを吐く人間は、そもそも思考が硬直化しているに他なりません(笑い)。本文を読んで同感だと思うのは、今の世代の方が「まともで面白い存在」だという事です。今の若者はちゃんとした価値観を持った、尊敬できる人間だと思います。草食系というカテゴライズは個人的には賛同しませんが、今の若い世代が、与えられた時代の中で、一生懸命に生きてることは間違いないと感じています。(2009/07/10)

夫婦の多様性としても、子供を作らない夫婦の在り方もあるのではないでしょうか。また、草食・肉食の言葉は乱暴すぎるように感じます。「やれれば誰でもいいの?」とか「不倫やレイプも許容されるのか?」といった響きに聞こえます。「お相手の尊重」や「冷めないロマンス」といった文脈はこの手の話しにはないんですかね。(2009/07/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授