• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

期待先行“リバウンド”が怖い民主党

山口二郎・北海道大学教授が語る「2大政党制の意義」

2009年7月9日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 民主党推薦候補の勝利に終わった静岡県知事選。勝利に沸く民主党と追い詰められる自民党のコントラストは一層鮮明になってきた。次の焦点は東京都議選だが、衆院解散の足音は確実に迫っている。

 目前に迫る解散総選挙。麻生政権とは何だったのか、今回の総選挙はどういう意味を持つのか、総選挙後の政界はどのような光景になっているのか――。前回の東京大学の御厨貴教授に続いて、今回は、北海道大学の山口二郎教授に、2大政党制の意義を聞いた。

(聞き手は日経ビジネス、蛯谷 敏)


 ―― 今回衆院選は、ある意味で初の2大政党による選挙になりますが、その意義は何なのでしょうか。

山口 二郎(やまぐち・じろう)氏
1958年岡山市生まれ。東京大学法学部卒業。現在、北海道大学法学部教授。専攻は行政学・政治学。小沢一郎体制での民主党への政権交代を支持したことでも有名。今年3月に『政権交代論』(岩波新書)を上梓
(写真:村田 和聡、以下同)
画像のクリックで拡大表示

 山口 結局、60年も1つの政党がずっと権力の座にいるというのは不健全なことなんですよ、それ自体がね。今年3月に出版した『政権交代論』という本の中でも書きましたが、自発的結社としての政党と国家機関とのけじめがなくなるんですよね。

 西松建設の事件で小沢(一郎)氏が天の声を出したといって、自民党がいろいろ言っているけど、あんなのはちゃんちゃらおかしいわけですよ。

 彼ら自身、今まで何をやってきたのか、知らないはずはない。小沢氏だけああいうふうにして問題にするなんていうのはバカげているわけで、その何十倍のことをずっと自民党はやってきたわけですね。

 つまり、社会の側のボランタリーな結社としての政党というのが、何十年も権力の座にいれば、デファクトスタンダード(事実上の標準)のガバメントになってしまうんですね。

 だから、何か政府から利益を得ようと思えば、自民党というものを通さなければ、何もできないという構図が出来上がる。それが自民党の長期政権を支えてきたという面はあるわけです。

小沢氏批判は天に唾するようなもの

 ―― それは政官業の癒着というものですね。

 山口 だから、自民党が小沢氏を批判するのは、天に向かって唾するみたいなものですよ。その構造をやめたかったら、自分らがまず下野するのが一番手っ取り早いわけですね。

 警察や検察、あなた方メディアにしたって、自民党が常に権力を持っていると思えば、やっぱり自民党の顔色をうかがうわけですね。どの政党が次に政権を取るか分からないという状況になってこそ、初めてメディアも警察も検察も政治的に中立になれるんですよ。

 ―― 官僚も同じですか。

コメント24

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「期待先行“リバウンド”が怖い民主党」の著者

蛯谷敏

蛯谷敏(えびたに・さとし)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション編集を経て、2006年から日経ビジネス記者。2012年9月から2014年3月まで日経ビジネスDigital編集長。2014年4月よりロンドン支局長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長