• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

トレジャー・ファクトリー、中古品の買い取り価格レンジを自動算出

月間3万件の店舗持ち込み査定をPOSシステムで支援

  • 川又 英紀

バックナンバー

2009年7月14日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 中古の衣料品や生活雑貨、家電などの総合リサイクルショップを首都圏で運営するトレジャー・ファクトリーが、1995年の創業以来独自開発を続けてきたPOS(販売時点情報管理)システムを進化させて業績を伸ばしている。2008年9月のリーマンショック以降、市場環境は厳しさを増したが、2カ月後の2008年11月にはPOSシステムに中古品の買い取り査定を支援する新機能を追加することで、利益率の悪化を軽微に食い止めることができた。

 2009年2月期は経常利益が期初の計画を下回り、経常利益率は5.2%で前年度から1.2ポイント低下した。それでも増収増益を達成。節約志向を背景に、今期も6月までは売り上げが好調で、2009年3~6月の既存店の月次売上高はいずれの月も、前年同月比1.9~4.2%のプラスで推移している。

トレジャー・ファクトリーが運営する総合リサイクル店
画像のクリックで拡大表示

買い取り価格の上限と下限をシステム表示

 トレジャー・ファクトリーが2008年11月に追加開発したのは、単品ごとに買い取り価格の上限と下限、すなわち「範囲」をシステム表示できる機能だ。CIO(最高情報責任者)に相当する野坂淳専務取締役は「各店がいくらで仕入れて、いくらの売価を付けて店頭に並べた商品が、何日後に売れたのかという情報を、毎日POSシステムで全店から吸い上げている。その情報を統計処理して、買い取り価格のレンジを導き出している」と明かす。

コメント0

「日経情報ストラテジー発ニュース」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員