• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

第13回 その文書、主語はいったい誰なのか?

  • 山田 ズーニー

バックナンバー

2009年7月13日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「仕事で書く文章は、
どうしてこんなに、妙な感じになるんだろう?」

そう感じている人はいないだろうか?

家族や友人にプライベートでメールを書くのは
さして苦ではない人も、
「自分は学生時代、けっこうよく文章を書いていた」
という人も、

仕事の文章となると、自分で書いていながらも、
自分で首をひねるような、妙な文章になることがある。

とくに、まったく一面識もない、初めての人に、
依頼の文章を書くときなど、
恐ろしく時間がかかってしまい、
「自分はこんなに書くのが遅い人間ではなかったはずだ」
と自分を疑いたくなることもある。

仕事の文章では、なぜ普段の調子がでないのだろう?

私も、企業に勤めていたある日、
次年度の企画書を書いていて思った。

「企画書って、なんでこんなに書きづらいんだろう?
内容に頭を悩ませているのはもちろんだけど、
それ以前のところで、いちいち時間をとられている感じがする。
書きながら、妙な、
自分でも気持ちがわるい感触がある…」

私がいた部署では、毎年、夏になると、
来年度の企画書を書く。
私は、高校生向けの小論文教材の企画書を
書いていたのだが、
たとえば、こんな感じなのだ。

「この教材では、入試頻出テーマについての
知識と考察力を身につけさせる」

「付録の活用率25%という低さは、
次年度にむけ、廃止も視野において、
検討されねばならない課題である」

妙な文章だ。

これでもそこそこ文章力を買われて
小論文の担当になった。
プライベートでも、職場のだれかにあててメールを書くときも、
決してこんなミョウチクリンな文章にはならない

何か勝手が違う。

「教材では → 身につけさせる」って、
ビミョウに文がねじれている感じもするし、

それに、「検討されねばならない課題」って、
もってまわった言い方だなあ…。

「活用率が低いので付録は来年やめたい」と
ただそう言いたいだけなのに、それに、
「検討されねば」って、いったい、だれが検討するの?
会社? 編集部? 部長? 私???

コメント10件コメント/レビュー

主語を明確にすると言うことは、取りも直さず責任を明確にする事になる。筆者が一人で責任を取ることが可能な問題なら“私”を明確にする。しかし、“私一人”ではなく複数の人間、部署等がかむときには、また誰も責任を取りたくない問題の時には、あえて主語を明確にしない。もしくは、語尾を「だろう。」「かも知れない。」「と考えられる。」と言った曖昧な表現になる。もう一つ、書く側が責任を取りたくない、出来れば読む側や他人に責任を転嫁したいときには、出来るだけ主語も語尾も曖昧にすると言う手法を取る。書く方も読む方も、結構何となく納得している手法ではないだろうか。(2009/07/14)

「新人諸君、半年は黙って仕事せよ。山田ズーニーのフレッシュマンのためのコミュニケーション講座」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

主語を明確にすると言うことは、取りも直さず責任を明確にする事になる。筆者が一人で責任を取ることが可能な問題なら“私”を明確にする。しかし、“私一人”ではなく複数の人間、部署等がかむときには、また誰も責任を取りたくない問題の時には、あえて主語を明確にしない。もしくは、語尾を「だろう。」「かも知れない。」「と考えられる。」と言った曖昧な表現になる。もう一つ、書く側が責任を取りたくない、出来れば読む側や他人に責任を転嫁したいときには、出来るだけ主語も語尾も曖昧にすると言う手法を取る。書く方も読む方も、結構何となく納得している手法ではないだろうか。(2009/07/14)

私も初めは(組織・人などの)主語を明記した企画書を書いていました。しかし、推敲を重ねるにつれて、主語はどんどん無くなりました。理由は、主語を記載すると文章が間延びし、本当に伝えたい内容が伝わらなくなるからです。どなたかが既に書いていますが、企画書に主語を書かなくても、主語は自明・・・組織文化やルール(社内規定など)により主語がなくとも役割は明確なのです。主語を省くことにより、5W2Hを4W2Hにする・・・つまり企画書1枚あたりの情報量を下げることができます。情報量を下げることにより、企画書1枚当たりの読み手の集中力を増やすことができます。その結果、本当に伝えたい内容が伝わるようになるのです。(2009/07/13)

コラムの趣旨はよくわかりますが、現実の会社組織の複雑怪奇なパワーバランスや人間関係を端から考慮していない浅はかな提言だと存じます。出世したい新人は一刻も早く社内の権力相関図を読み取り当たり障りのない文章を書けるように努力すべきであって、筆者が求めるような文章はその場合、百害あって一利なし、とも言えると思います。(2009/07/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授