• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

最終話:ありがとう。また逢えるよね

  • 津田 和壽澄

バックナンバー

2009年7月15日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 ご好評を頂いた「天国の犬からの宿題」もいよいよ最終回。

 どんな題にしようかと考えていると、パッと浮かんだ言葉が「ありがとう。また逢えるよね」。これは、後述する横田晴正さんの著書(四季社)のタイトル『ありがとう。また逢えるよね。―ペットロス心の相談室』と同じである。

 しばし躊躇したものの、やはりこの言葉が本コラムを締めくくるにあたり一番ふさわしいと考えた。そこには、ヨークシャーテリアのピピと一緒に過ごした11年5か月16日間への感謝、まだ見ぬ次の“仔”への挨拶、そして何よりも、多忙な中、オフィスや家庭でこの連載を読んでくださった読者への感謝の想いを込めた。

 顧みれば、このコラムは極めて個人的な体験から始まったものである。執筆の依頼を受けたのは、昨年末にピピを亡くして、まだ気も張っている1月下旬。

 その時点では、獣医療への疑問や提案、看病で得たノウハウを読者の皆さんと共有できればと願っていた。また、ピピとの体験は人間の医療問題と共通部分もあると感じており、そんなことも浮き彫りにできれば…と気負っていた。まだまだグリーフィング・プロセスにおける初期の段階だった。

 それから連載が始まるまでの数カ月間、悲しみは心の柔らかいところまで容赦なく忍び込んでは、去っていくということを繰り返した。

 本コラムではその一部のみに触れている(第6話)が、生き方を試されるような宿題を与えられている、と歯を食いしばることもあった。

 そんな宿題に真正面から取り組んだり、ある時はうまく逃避する術を考えたりもした。私にとって、その作業はピピを偲び涙を流すという単純なことではなく、内面をみつめ、人生の夢を問われ、苦しさを楽しさに変えなければ及第点はもらえないという、難しい宿題だった。ペットロス症状の自覚よりも、人生の節目の修業中にあったという方が、ぴったりくる期間であった。

 そして連載は5月に開始した。執筆することにより心の整理ができたかというと、実は悲しみが一層現実味を帯び、当初は涙をぬぐわずに執筆を続けることはできなかった。

 そこにきて初めて私の心は解放され、単純な悲しみに包まれたのだった。そして回を重ねるごとに、少しずつではあるが私の心は悲しみの渦中から歩みでて、俯瞰して全体を見渡せるようになっていった。それは「時薬」なのか、多くの人と一緒に考えたい現状のテーマが整理でき始めたからなのだろうか。

在りし日のピピ

 しかし何よりも大きかったのは、読者の反響である。「私だけではないのだ」と心動かされるようなエンパシーに満ちたコメント、さらに助言の数々には励まされた。この場を借りてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

 現代のコンパニオン・アニマルを囲む環境は日進月歩であると思いたい。獣医療の選択の幅も、第7話で書いたように先端医療から代替医療まで広がってきている。例えばピピの場合にも、薬の適量や飲み合わせを計るためにオーリングテストも活用した。

 このような中、いわゆるペットビジネス市場は1兆円を超えるという。ドッグカフェ、ホテル、幼稚園はもちろん、鍼灸、マッサージ、犬のエクステ(付け毛)、泥パック、さらに「婦人公論」7/22号によると、犬のペディキュア、リハビリ、ストレス解消に水中フィットネス、酸素カプセルを楽しむ猫もいるという。

コメント9

「ペットを看取るということ 天国の犬からの宿題」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック