• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「麻生首相は自ら解散を」60.4%

【緊急アンケート結果】「追い込まれ解散」で「政権交代選挙」へ

  • 日経ビジネスオンライン編集部

バックナンバー

2009年7月16日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 7月12日に投開票が行われた東京都議会議員選挙で自民党は惨敗。躍進した民主党が初の都議会第一党となった。

 総選挙を目前に控え、麻生太郎首相の取るべき道は何か。日経ビジネスオンラインでは、関連する質問を含めて、読者にアンケートを実施した。

 回答期間は、7月14日午前0時から7月15日午前11時30分まで。日経ビジネスオンライン上のWEBアンケート「『そのまんま解散』は民意なのか」を利用した。総回答数は5439。

都議選の結果は「衆院選で民主支持を増やす」65.8%

 まず、自民党が都議選で惨敗したことが、次の衆院選に与える影響について(回答は2つまで)。最も多かったのが「民主支持者を増やす」の65.8%で、次に「自民・公明支持者を減らす」の51.7%だった。

 麻生首相が取るべき道については、「自ら解散すべき」が60.4%で、「どちらかと言えば、自ら解散すべき」を含めると、71.4%に上った。いわゆる「麻生降ろし」に屈する形となる「退陣すべき」「どちらかと言えば、退陣すべき」は合計でも21.7%にとどまった。

次の自民党総裁「舛添要一氏」がトップ

 Q2で「退陣すべき」「どちらかと言えば、退陣すべき」と回答した方(1179人)に、次の自民党総裁にふさわしい人を聞いたところ、1位は舛添要一氏の432人、2位は与謝野馨氏の363人、3位が石原伸晃氏の295人%となった。

 586人にも上った「その他」の中から、多い回答をピックアップすると、石破茂氏の58人、中川秀直氏の30人、小泉純一郎氏の24人などがあった。実は、その中で最も多かったのは「誰もいない」「ふさわしい人はいない」など、「該当者なし」を意味する回答で、215人を占めた。

コメント8件コメント/レビュー

10番のコメントの方、そのとおりです。心から同意します。(2009/07/17)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

10番のコメントの方、そのとおりです。心から同意します。(2009/07/17)

選択肢に「その他(政党名を自由記載)」というのがあるではありませんか。「その他」を選択し、お好きな政党名(←ここに「共産党」でも「左党」でも「天狗党」でも何でもお好きな政党名をどうぞご自由に)を記入すれば済む話なのでは? それでは不足でしょうか? 今回のアンケートのポイントは、政権政党が自民党→民主党へと移行するか否かを占うところにあると考えるのが妥当ではないかと思いますが? 従って、Q4及びQ5の選択肢については、?自民党 ?民主党 ?その他(政党名を自由記載) 以上の3つでも差しつかえなかったものと考えます。 それで何の不足がありましょうや?(2009/07/16)

二番目にコメントされた方へ。大きな勘違いをされているようですが・・・。この集計項目(Q4、Q5)を集計しないというだけで共産党を選択した人の回答を除外するという意味ではありません。それにしても共産党の件含め、選択肢に漏れが多く、問題があるアンケートだと思います。(2009/07/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長