• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「麻生首相は自ら解散を」60.4%

【緊急アンケート結果】「追い込まれ解散」で「政権交代選挙」へ

  • 日経ビジネスオンライン編集部

バックナンバー

2009年7月16日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 7月12日に投開票が行われた東京都議会議員選挙で自民党は惨敗。躍進した民主党が初の都議会第一党となった。

 総選挙を目前に控え、麻生太郎首相の取るべき道は何か。日経ビジネスオンラインでは、関連する質問を含めて、読者にアンケートを実施した。

 回答期間は、7月14日午前0時から7月15日午前11時30分まで。日経ビジネスオンライン上のWEBアンケート「『そのまんま解散』は民意なのか」を利用した。総回答数は5439。

都議選の結果は「衆院選で民主支持を増やす」65.8%

 まず、自民党が都議選で惨敗したことが、次の衆院選に与える影響について(回答は2つまで)。最も多かったのが「民主支持者を増やす」の65.8%で、次に「自民・公明支持者を減らす」の51.7%だった。

 麻生首相が取るべき道については、「自ら解散すべき」が60.4%で、「どちらかと言えば、自ら解散すべき」を含めると、71.4%に上った。いわゆる「麻生降ろし」に屈する形となる「退陣すべき」「どちらかと言えば、退陣すべき」は合計でも21.7%にとどまった。

次の自民党総裁「舛添要一氏」がトップ

 Q2で「退陣すべき」「どちらかと言えば、退陣すべき」と回答した方(1179人)に、次の自民党総裁にふさわしい人を聞いたところ、1位は舛添要一氏の432人、2位は与謝野馨氏の363人、3位が石原伸晃氏の295人%となった。

 586人にも上った「その他」の中から、多い回答をピックアップすると、石破茂氏の58人、中川秀直氏の30人、小泉純一郎氏の24人などがあった。実は、その中で最も多かったのは「誰もいない」「ふさわしい人はいない」など、「該当者なし」を意味する回答で、215人を占めた。

コメント8

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック