• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第28話 候補者が頭を使うようでは「やばい」

  • 出井 康博

バックナンバー

2009年7月31日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 総選挙の投票が1カ月後に迫った。民主党の有利が予想されるが、同党新人候補・Bにとっては厳しい闘いが続く。Bの選挙区は、全国でも屈指の自民党の牙城だからだ。

 Bについては第7話などでも紹介した。元サラリーマンの30代で、身内に政治家はおらず、地方議員や秘書の経験もない。

 Bと同じ民主党の新人候補でも、有力幹部の子飼い候補の場合は、幹部の秘書が派遣され、選挙に向けた体制づくりを指導してもらえる。また、実務は地元の党組織に任せ、本人は選挙の“顔”に過ぎないような候補者もいる。

 しかしBは、約2年前に民主党から公認内定を得て以降、自ら活動の先頭に立ち続けてきた。

 総選挙は昨年秋とも見られた。その前にBは事務所を広い場所へと移し、一時は6~7人もの有給スタッフを雇った。人件費を含めた経費は、党から支給される活動資金だけではとても足りない。

 資金面の問題は父親からの借金で何とか凌いだが、解決されない悩みがあった。支援者との会合などに追われる自分に代わって、事務所を運営できる人材がいないのだ。Bは以前から、こう嘆いていたものだ。

 「私の立場は、中小企業の経営者でありながら、会社にいられないのと同じです。自分がもう1人いたら助かるんですが…」

選挙が迫る時に動かすのは頭よりも体

 Bにはいくつもの選挙を手伝ってきた経験があり、実務にも精通している。しかし、組織的に活動しようとすれば、事務所に司令塔役が必要だ。そんな悩みが、選挙目前になってやっと解消された。2人の“選挙のプロ”が、彼の事務所に加わったのだ。

B事務所に常駐するMの机 (撮影:筆者、以下同)
画像のクリックで拡大表示

 その1人が、Bとは旧友のMだ。小さなコンサルタント会社で幹部を務めるMは、かつて自らも政治家を目指していた。そのためBと同様、多くの選挙に関わった経験がある。

 MがBを支援することになったきっかけは、こうだ。6月半ばの週末、久し振りにBの事務所を訪ねた時のこと。Bの余りの多忙ぶりに驚かされた。

 「選挙が近くなれば、候補者はなるべく“頭”を使わず、スタッフが決めたスケジュールに沿って“体”だけ動かすべきものです。それがBの場合、頭も体もフルに使っていた」

 Mは直感的に「やばい」と思った。Bは候補者でありながら、事務所の事務局長としての仕事までやっている。選挙で敗れる典型的なパターンである。

コメント3

「衆院選「候補者A」かく闘わんとす」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官