• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

たい焼き1日450個で“下関一”稼いだ女

「支店長さんが、えらいですね1人でこんなに稼ぐ人はあなただけですね、と言いました」

  • 宮嶋 康彦

バックナンバー

2009年7月31日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 彼女は75歳になるまでこころ美しく暮らしてきたに違いないと思わせた。昔語りを聴けば、ごく普通の旦夕(たんせき)であったことが知れるのに、今も漲る生気と笑顔が瑞々しく、耳を傾ける者に、知らず、喜びを与えている。

 関門海峡上空の太陽が、地球の自転の速度で月に隠れていく過程を、関の氏神といわれる神社から、すっかり段階撮影した日の、午餐のあとの出会いだった。

 村竹喜久子さん、1934(昭和9)年生まれ、独身。結婚後、間もなく夫を亡くし、それからは、後家の一念で一人息子を育てあげ、ことし101歳になる姑と同居、介護を通して、お互いがそれぞれの愛情を求め、確かめ合いながら暮らしを結んでいる。

「たかが、たい焼とお思いでしょうけど…」

画像のクリックで拡大表示

 「まあ、惜しいこと、この商店街の誰一人、空を見上げないんですから、10時50分ころだったでしょう、日射しが急に薄くなって、おや、日食のいちばん大きい時刻だわ、と気づいて外に出ました、雲が通過するときに、はっきり見えましたね、細いほそいお月さんみたいな、銀色の太陽でしたね」

 幼い子が、えもいわれぬ光景を目の当たりにしながら、その興奮のやり場がわからないまま過ごし、はからずも、そこへ訪れた同好の士をつかまえて、感激の余韻を先(せん)に戻そうとまくし立てる…そんな双眸を私に向けた出会いだった。

 私もまた、晴天域を予測して、かつて馬関といわれ、家郷の長崎と深いえにしで結ばれていた土地を撮影地に選んだ、ことの仔細とその成功までの進みゆきを、ひとしきり聞いてもらった。それから、お互いの、46年前の日食の思い出を語り、出された茶をいただきながら、2度目の訪問の本題に入っていった。

 「あなたとは、たい焼が取り持つ縁ですが、前回、3月にうかがったときに聞いた半生を、もう一度、きちんと聞いてメモを取っておきたいと考えました」

 「商いは牛の涎といいますが、日銭が入る商売は止められません、たかが、たい焼とお思いでしょうけど、月に80万円を稼いだこともあります、それから、お正月飾りとお餅を売る3日間で200万円の売り上げがありました、正月明けにお金を銀行へ持って行くと、山口銀行の支店長さんが、えらいですね1人でこんなに稼ぐ人はあなただけですね、と仰ってくださいました、夏は、盆提灯を売ります、ほんの数年前まで、ひと夏に1年分の商売をしていました、5、600万円を1カ月で売ってきたんです、今年はどうしたことでしょう、ぱったり、売れません」

 山口県下関市、駅に近い竹崎長門市場の一画に村竹商店はある。

画像のクリックで拡大表示

コメント11

「奥深き日本」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手