• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“日の丸ジェット”に逆風

ホンダは1年延期、三菱は受注獲得に苦労

2009年8月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 世界市場に挑戦する日本のジェット機が逆風にさらされている。

 「『ホンダジェット』の事業計画は1年遅れる見通しだ」。ホンダの伊東孝紳社長はこう明かす。

 ホンダは経済環境の悪化を受け、昨年末に「フォーミュラ・ワン(F1)」から撤退したものの、小型ジェット機事業は予定通りに進める計画だった。2010年中を予定していた機体の引き渡し開始は、約1年遅れて2011年10~12月期になる見込みだ。ホンダジェットは7~8人乗りの小型機で、ホンダはエンジンと機体の開発を手がける。

 「主要部品の開発が遅れており、米連邦航空局(FAA)からエンジンと機体の認証を取るのに時間がかかっている」(ホンダ)ことが主な理由だが、別の懸念も生じている。

ホンダの提携先が経営不振

 米国発の経済危機で、小型ジェット機市場が変調を来していることだ。ホンダは米小型機メーカーのパイパー・エアクラフトと提携して、ホンダジェットの米国における販売網とアフターサービスの展開を進めていた。

 しかしパイパーは経営が悪化して、今年5月に投資会社に買収された。地元自治体に3200万ドルの金融支援を要請。ホンダとの協力関係については現時点では変更がないものの、今後は影響が出る可能性もある。

ホンダジェット
「ホンダジェット」は低燃費を売りに市場開拓を急ぐ

 ホンダはジェット機事業の本格展開を加速している。事業を担当する米子会社、ホンダ・エアクラフト・カンパニーの藤野道格社長は、6月にホンダ本体の執行役員に昇格。ジェット機事業とは独立した形で展開するエンジン事業でも、米ゼネラル・エレクトリックと合弁会社を作り、開発、販売、サービス網の構築を急いでいた。

 ホンダは米国、カナダ、メキシコ、欧州で販売を始めており、既に100機以上を受注。「景気が悪化しても、現時点でキャンセルはほとんど出ていない」(ホンダ)という。

コメント4

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「“日の丸ジェット”に逆風」の著者

山崎 良兵

山崎 良兵(やまざき・りょうへい)

日経ビジネス記者

日経ビジネス編集部、ニューヨーク支局、日本経済新聞証券部を経て、2013年1月から日経ビジネス編集部。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)