• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【隠れた世界企業】生体信号を言葉に換える

テクノスジャパン(兵庫県姫路市・介護用品の製造・販売)

2009年8月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

重度障害者の意思伝達を手助けする装置を世界で初めて開発。本人、家族が諦めていた患者のコミュニケーションを復活させた。開発したのは、医療に関心がなかった“ズブの素人”たちだった。

 手足が不自由で、声も出せない。でも意識ははっきりしている──。

 他者とのコミュニケーションを諦めていた重度障害がある患者に希望を与えた企業が兵庫県姫路市にある。テクノスジャパン(大西秀憲社長)だ。

 同社は1999年、世界に先駆けて重度障害者向けの意思伝達装置用の「バイオスイッチ」を発売した。このスイッチは、脳波や筋肉を動かす時に発生する微量な電流の「筋電」、目を動かす際に発生する「眼電」などを感知して、電気信号に変える装置で、電子機器を動かすためのスイッチとして活用されている。

バイオスイッチを頭に巻く大西秀憲社長。裏面につけられた3つの装置が脳波を感知し、電気信号に変える(写真:山田 哲也)

 「コミュニケーション手段が全くなかった人たちに対し、どのようにすればそれが可能になるかを考えた。その答えが『生体信号』だった」(大西社長)

 筋肉がどんどん萎縮してやせ細る「筋ジストロフィー」や「ALS(筋萎縮性側索硬化症)」などの進行性の難病にかかる患者は、意識はしっかりとしていても体を自力で全く動かせなくなってしまう人が少なくない。

 近年、重度障害者向けのコミュニケーションツールがたくさん開発されているが、こうしたスイッチを介さなければ活用できない。最も単純な「ON」「OFF」ができなければ、機械は動かせないからだ。

オススメ情報

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「【隠れた世界企業】生体信号を言葉に換える」の著者

白壁 達久

白壁 達久(しらかべ・たつひさ)

日本経済新聞 記者

2002年関西大学卒業後、日経BP社に入社。日経ビジネス、日経ビジネスアソシエを経て、2015年から日経ビジネス香港支局長としてアジア全体をカバー。2017年4月から、日本経済新聞 編集局証券部記者。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大学、社会で伸びる人材に なれるか否かは、高校の教育環境に 大きく左右される。

溝上 慎一 京都大学高等教育研究開発推進センター教授