• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

電気自動車、普及に向け不安

充電インフラ整備、どこも及び腰

  • 細田 孝宏,江村 英哲

バックナンバー

2009年8月10日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「2020年までに電気自動車は市場の1割を占める」

 8月2日、横浜市に建設した新本社のオープニングセレモニー。2010年に発売する電気自動車「リーフ」を初公開した日産自動車のカルロス・ゴーン社長兼CEO(最高経営責任者)は、こう力を込めた。サプライズゲストとして招かれた小泉純一郎元首相も太鼓判を押した。「脱石油社会に向けて(電気自動車は)絶対に普及する」。

8月2日、日産自動車の電気自動車「リーフ」のお披露目には小泉純一郎元首相も出席(右から2人目。右端は中田宏・横浜市長、左から2人目は松沢成文・神奈川県知事、左端はカルロス・ゴーン社長、横浜市の日産新本社で)(写真:村田 和聡)

 ここへきて電気自動車に関する動きが活発になっている。7月には三菱自動車や富士重工業が官公庁兼法人向けに販売を開始。そこに日産の新型車が公開となり、電気自動車に積極姿勢を示すメーカーが出揃う形となった。地球温暖化の原因とされるCO2(二酸化炭素)を排出しないゼロエミッション車として、期待は高まっている。

 しかし、普及に向けた環境が整ったとは言い難い。電気自動車を安心して利用するために不可欠な充電インフラの整備がまだ進んでいないからだ。

 電気自動車の最大の弱点は、1回の充電で走れる航続距離の短さ。例えば、三菱自動車の「i-MiEV(アイ・ミーブ)」の場合、160kmにとどまる。ガソリン車と比べて半分から3分の1程度に過ぎない。それもカタログ上の燃費なので、実際はもっと短い。同社の技術者によると「(電力消費の大きい)エアコンを使用すると、航続距離は100km程度」だという。

 電気自動車は一般家庭のコンセントから充電できるのが特徴。i-MiEVなら200ボルトの電源で約7時間、100ボルトなら約14時間でフル充電状態となる。1日に100km以上クルマを乗るような使い方はごく一部なので、メーカー側は日常的な利用には家庭での充電で問題ないと見ている。

 それでも、ちょっとした遠出や出先でバッテリー残量が少なくなった時のためにバックアップが必要となる。その手段が30分ほどで電池容量の8割程度まで充電できる「急速充電器」。ガス欠ならぬ“電欠”を防ぐ手段として電気自動車の普及には欠かせない。

コメント15

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト