• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ぐるなびが経営講座開講して加盟店から好評獲得

チーム営業とぐるなび大学の両輪で関係強化

  • 川又 英紀

バックナンバー

2009年8月10日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 飲食店検索サイトを運営するぐるなびが、2009年度(2010年3月期)から加盟店の経営者や店長を主対象に経営講座を開講して好評を得ている。1回当たり20~30人の受講者を募集しているが、開講以来どの回も満員続きだという。2009年7月までの数カ月間で、既に1000人以上が新コースに参加した。

 従来も教育機関「ぐるなび大学」で講座を開いていたが、その内容は自店の紹介ページ作りや、目を引くキャッチコピーの付け方など、店舗ページのノウハウ指南にとどまっていた。これに加えて2009年度からは、飲食店の経営そのものを支援する内容をそろえた。飲食店経営には欠かせない接客やメニュー開発、人材育成、クレーム対応、計数管理などの新コースを提供している。これに併せて講師も強化。従来のぐるなび大学で講師を務めてきた25人の社員に加えて、今回導入した新コースでは外部からテーマごとに専門の講師を招いている。

加盟店からの出席者で満員の、ぐるなび大学の様子
画像のクリックで拡大表示

 ぐるなびはこの不況をものともせずに、2008年度の売上高が前期比28.3%増の200億円、経常利益が同45.3%増の39億円と好調だった。「飲食店経営全般の支援にも積極的に関与して、加盟店とのきずなを深めた努力が業績にも表れている」(香月壯一常務取締役営業本部長兼総合政策室担当)とぐるなび大学の重要性を語る。同年度は2万7000人がぐるなび大学を受講したという。

チーム営業とパート社員活用による加盟店の巡回強化も関係強化に奏功

 香月常務は、ぐるなび大学だけでなく、2007年度から導入した加盟店向けの「チーム営業」が前期の増収増益を支えた要因であるとし、その陣容を今回の取材で詳細に語った。

「日経情報ストラテジー発ニュース」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長