• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

損保ジャパンが社内便の紛失防止策で成果

1日6000通の重要書類の配送経路をITで記録

  • 島津 忠承

バックナンバー

2009年8月11日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 損害保険ジャパンはこの1年ほど運用してきた社内便の紛失防止策が、対策システムの費用以上の成果を上げたことを明らかにした。同社は2008年5月から、書類に張られたバーコード付きの送付状を社内便の経由地で読み取って、配送状況をリアルタイムに記録できるシステムを運用していた。

 その結果、1年以上にわたり保険の申込書などの重要書類を1件も紛失していないうえ、従来使用していた複写式のあて名シールが不要になり資材代を削減できた。さらには仕分け業務や、行方不明の書類の問い合わせ対応業務も軽減できたという。

 今回の対策には外部のASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)の利用料が発生しているが「あて名シールの削減分だけでもトントンになっている」(総務部総務第一グループの奥村義康課長代理)という。

1日6000通以上の配送状況を記録

 同社では全国各地の拠点から保険の申込書類を送り出すなど、拠点間で大量の重要書類が行き交っている。本社を経由するものだけで1日当たり約2800通、全社規模では同6000~7000通の重要書類が流通するという。

従業員のIDカードを読み取って、いつ誰が重要書類を社内便の受付窓口に手渡したかを記録
画像のクリックで拡大表示

 こうした重要書類をやり取りする際に、従来は複写式のシールに手書きであて先を記入し、通常の送付物と同種類の封筒に張って送付する体制を敷いていた。差出人と受取人がそれぞれ複写式のあて名シールにサインし、封筒を返送することで、重要書類のやり取りが完了した記録を残せるようになっていた。

 しかし、「途中の配送網を正しく経由しているかどうかが全く分からなかった」(総務部総務第一グループの奥村義康課長代理)。また、社内便が正しく到着せずに行方不明になった場合、追跡調査に時間がかかりがちだった。本社だけでも毎日10件以上の問い合わせがあり、担当者はその対応に1件当たり15分程度の時間を要したという。

 また、シールに正確なあて先を記入せずに送付する従業員が少なからずいた。こうした社内便は正確なあて先を仕分け担当者が判断するのに時間がかかり、誤配送のリスクを抱えていた。個人情報が記載された重要書類を紛失するリスクも抱えていたことになる。

バーコード付きの送付状で経路を記録可能に

 そこで今回導入したシステムでは、差出人の従業員は、送付元、送付先、送付内容などの情報を入力してバーコード付きの送付状を作成し封筒に張る。これにより、複写式のあて名シールが不要になった。システムは、ヤマトホールディングス傘下のヤマトシステム開発(東京都江東区)のASP、「社内便追跡ASP」を利用している。

コメント0

「日経情報ストラテジー発ニュース」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長