• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

第16回 集団を動かしたいなら、「増やしたいところ」を誉めなさい

  • 山田 ズーニー

バックナンバー

2009年8月17日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「みんながついてこない」
そんな悩みを感じている新人はいないだろうか?

新人だって、現場のプチリーダーとして、
チームをひきいていかねばならないときがある。

たとえば、外部のスタッフさんたちを集めて、
指示を出したり、説明をしたり、
お客さんを集めて説明会をひらいたり、
社内の何か実行委員にされてしまい、
職場のみんなに働きかけなければならなくなったり……。

そんなとき、
「新人だからとナメられてしまい、
いっこうにみんなが言うことを聞いてくれない」
「上の人が指示を出せば、手のひらを返すように
言うことを聞くのに、自分にはぜんぜんみんながついてこない」
と落ち込んでいる新人はいないだろうか。

いっこうにみんなが言うことを聞かない。
自分は下っぱだからと、がまんにがまんを重ねていたが、
とうとう耐え切れずに怒ってしまい、
それでチームはよくならないどころか、
かえってみんな気まずくなってしまい……、

ついには、みんなから、
「コワイ新人」
「去年の担当者のほうがよかった」
なんていわれてしまう……、
そんな最悪の事態は避けたいものだ。

ほんの2~3人のチームから、
十数人、数十人、100人以上と、
チームの人数はさまざまだけど、

集団をまとめたり、動かしたりしていく上で
何に気をつけたらいいんだろう?

諸先輩のような強烈なリーダーシップは、
新人には似合わないかもしれない。

でも新人には新人なりの人を動かす方法がある。

たとえば、
あなたが2~30人のメンバーを
まとめていかなければならなくなったとして、

ミーティングに、つねに何人か遅刻してくる。

みんな他の会議には遅れてこないので、
あきらかに自分が新人だからナメているようだ。

先輩だから注意しにくいし、何も言わないでいたら、
どんどん遅刻の幅が大きくなっていき、
10分も15分もミーティングの開始が遅れるようになる。

時間通りに集まっている人のほうが圧倒的に多いのだから、
10分、15分とみんなを待たせることにも抵抗がある。

こんなとき、あなたならどうするだろう?

1.集団の雰囲気をまずくすることを恐れて何も言わない。
2.「みなさん遅刻が多いですよ、時間を守りましょう」と
ミーティングで全体に向けて注意する。
3.遅れた人だけ、あとで個別に注意する。
4.その他の方法で働きかける
(どんな方法かも考えてみてください)

私自身、1~4まで全部やってみて、
失敗も含めて学んだことがある。

コメント7件コメント/レビュー

このコラムは新人へのメッセージが主でありますが、読んでいるうちにドキっとし、気付かされる内容です。”新人の集団の動かす術”で締めくくられていますが、このコラムは全てのコミュニケーションの真髄であり、実際の体験に基づく理論付けされたものだと感じました。大変勉強になりました。(2009/08/17)

「新人諸君、半年は黙って仕事せよ。山田ズーニーのフレッシュマンのためのコミュニケーション講座」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

このコラムは新人へのメッセージが主でありますが、読んでいるうちにドキっとし、気付かされる内容です。”新人の集団の動かす術”で締めくくられていますが、このコラムは全てのコミュニケーションの真髄であり、実際の体験に基づく理論付けされたものだと感じました。大変勉強になりました。(2009/08/17)

今回のコラムを拝見し、トイレの張り紙を連想しました。「汚さないでください」「●●しないでください」という文言は、あまり効果がなく、“反応したところ(トイレを汚す)が増える”状態でした。しかし、「いつもきれいに使っていただき、ありがとうございます」と“増やしたい部分(トイレをきれいに使う)に反応”した文言に変更した結果、劇的な効果があった、という話を聞いたことがあります。大変参考になるコラムでした。(2009/08/17)

なるほど。トイレで、「きれいに使っていただき、ありがとうございます」とか「もう一歩前へ」という張り紙は、その実践なんですね!(2009/08/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授