• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本一の花火、その華美の余韻に浸る

秋田・全国花火競技大会「大曲の花火」を見に行く

  • 宮嶋 康彦

バックナンバー

2009年8月11日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 夜空に打ち上げられた火の玉が、暗闇に炸裂して大輪の花火となる。ながく花火の撮影にかかわってきて、花火の魅力は、火の玉が駆け昇っていく上昇感と、花火の華麗、終演の下降感、明と暗、昂揚と寂寥という二項の対立感情を引き出す点ではないか、と感じている。

画像のクリックで拡大表示

明るい空に打ち上げられる花火から始まる

 花火の残像と華飾の余韻に酔いしれて、片手につかんだ麦酒をグイと呑む。大型フィルムカメラを三脚に据えて、ひと花も逃すまい、と写真撮影をしていながら、ときには、あまりの華麗さにシャッターを忘れて見惚れてしまう。この、大曲の花火では、そんな経験がいくたびか起こる。

 今年の「第83回 大曲全国花火競技大会」は8月22日に開催される。あくまで競技大会であり、全国の花火師が切磋琢磨した熟練の技術を披露する。まさに、日本一の花火師が決定される大舞台。国内では、もっとも格の高い花火を鑑賞することができるため、当日は全国から数十万人が夜空を見上げることになる。

画像のクリックで拡大表示

 花火競技のルールの1つに、花火師は自作の花火を「自ら打ち上げる」という規定がある。花火の出来不出来に終始した採点ではなく、安全性への配慮など、花火師の器量も問われるのだ。こうした高邁な伝統思想が、大曲の花火を権威ある大会に育て上げたのだろう。

画像のクリックで拡大表示

 花火競技大会の第1部は「昼花火の部」から始まる。明るい空に打ち上げられる花火競技は、大曲だけといわれている。

 夕方にちかい明るい空に、煙竜といわれる色鮮やかな煙が空を舞い踊り、菊など様々な模様を描く。白昼をキャンバスに、いかに、花火師の意匠を鮮明に描き出すかがカギになる。ただ、その日の天気、風の強弱で見え方が異なるため、必ずしも、花火師の計算通りに物事は進まない。評価の一部を自然界にゆだねる、という一面があり、そのことを理解しながら「昼の花火」を見物すれば、楽しみは倍増する。

コメント6

「奥深き日本」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。

中谷 巌 「不識塾」塾長、一橋大学名誉教授