• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【北京発・生録】新型インフル、日本人集団感染の現場(上)

留学生が感染源? 日本はもはや「感染症の輸出国」呼ばわり

2009年8月17日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「今から4日間、医学観察に従ってもらいます。迎えの車が来ますので、すぐに準備をしてください」

 8月10日(月曜日)の深夜11時過ぎ。全身を防護服で固めた医師や看護師に付き添われて日本人留学生が救急車で運ばれて行った。

 この日、8月2日(日曜日)に日本からやってき男性(以下、A氏)が新型インフルエンザ(H1N1)のウイルスに感染していることが判明。A氏と同じクラスの留学生などが「医学観察」のため、北京市内のホテルで「隔離」されることになったのだ。

深夜11時過ぎ、全身を防護服で身を固めた医療従事者が日本人留学生を北京市内のホテルに連れて行った
画像のクリックで拡大表示

 A氏は東京都内の大学1年生。中国語を学ぶために、夏休みを利用して北京に短期留学にやって来たばかりだった。

 留学先は「北京語言大学」という中国の国立大学だ。英語や日本語など外国語を学ぶ中国人も在学しているが、学生の大半は中国語を学ぶために世界中からやって来た留学生が占める。

 その国際色豊かな大学が新型インフルエンザに急襲された。しかもその“震源”は、日本からやって来た留学生の可能性が高いのだ。

1週間で日本人留学生の間で感染拡大

 関係者の話を総合すると、これまでの経緯は以下のようになる。

 JTBグループの海外留学専門会社である「JTB地球倶楽部」が、8月3日から31日までの4週間で中国語を学ぶ短期留学プランを企画。夏休みを利用して留学したいと考える学生や社会人など20数名が参加した。実は記者もこの大学に今年3月末から留学していた。

コメント10

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「【北京発・生録】新型インフル、日本人集団感染の現場(上)」の著者

坂田 亮太郎

坂田 亮太郎(さかた・りょうたろう)

日経ビジネス副編集長

東京工業大学大学院修了後、98年日経BP入社。「日経バイオテク」「日経ビジネス」を経て2009年から中国赴任。北京支局長、上海支局長を経て2014年4月から日経ビジネスに復帰

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長