• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

格差と不公平 政治家は知っているの?日本の年金

このコラムについて

 現行の公的年金制度においては、働く現役世代が払い込んだ保険料を現在の高齢世代に年金として支給する「賦課方式」を主軸としており、世代間で所得が移転する「世代間扶養」の仕組みが採用されている。
 この制度のもとでは、人口変動の影響にどうしても左右される。つまり、公的年金のなかにおいては、高齢世代の人数が多くなり、現役世代の人数が少なくなれば世代間の格差は当然生ずるのである。しかし、このことは果たして不公平と言えるのだろうか。 実際に生じる世代間の金額的な格差が、不公平なものとまでは言えないのではというのが筆者の見解である。その点を最終的には公的年金制度内の枠を超えた議論をすることで説明していきたい。

記事一覧

記事一覧

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧