• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

高速1000円に恨み節続出

経済効果にこれだけの疑問の声

  • 小平 和良,白壁 達久

バックナンバー

2009年8月24日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 お盆休み中の土曜日に当たる8月15日、香川県内のあるショッピングセンターに出店している生活雑貨店の店主は、ため息をもらした。

 「お盆は家族連れが集まる書き入れ時なのに、来店客数は昨年に比べて3割減。売り上げは4割も落ちた」

 原因は景気減速だけではない。この店主は、今年3月に始まった土日祝日の高速道路の特別割引制度による影響が大きいと見ている。

 ETC(自動料金収受システム)の搭載車であれば、土日祝日はほとんどの高速道路が「1000円乗り放題」となるこの制度により、自動車で遠出する人が増えているのは間違いない。お盆期間中は初めて平日にも制度を適用した。香川県であれば、名物のうどん店にできた長い行列がメディアの話題になることも多い。これだけ見れば、「高速1000円」が地方の活性化と消費の底上げにつながっているように映る。

三井アウトレットパーク マリンピア神戸
お盆休み中、三井アウトレットパーク マリンピア神戸の駐車場では徳島など他府県から来た車が目立った

 しかし、この店主は「四国を訪れる人は増えたが、数百円のうどんを食べるだけ。逆に四国の人が関西まで出向いて多額のお金を使ってくる」と嘆く。事実、瀬戸内海を挟んだ対岸では、店主の嘆きを裏づける光景が広がっていた。 神戸市にあるアウトレット「三井アウトレットパーク マリンピア神戸」。同施設は本州と四国を結ぶ神戸淡路鳴門自動車道と阪神高速道路が交差する垂水ジャンクションに近く、その先には兵庫から岡山方面に向かう山陽自動車道も走っている。高速1000円の恩恵を受けるには持ってこいの好立地にある。

コメント30

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本音と建前が違うことが問題の温床になっている。

川野 幸夫 ヤオコー会長