• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

特別編-2 運動員は若者、支援者は年金世代

  • 出井 康博

バックナンバー

2009年8月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 選挙の投票日が3日後に迫った。マスコミは揃って民主党の地滑り的な勝利を予測する。

 「しかし」と、民主党公認の新人候補Bの選挙対策幹部は言う。
 「全国紙などの調査がどこまで信頼できるのか。全国で10万人規模を対象に行ったとしても、1選挙区に直せば300人程度から得た情報に過ぎないんですよ」

 この幹部が、マスコミ報道に疑問を持つには根拠がある。
 Bの事務所では民間業者に委託し、8月に入ってから選挙区内で2度の世論調査を行なった。自治体や地域ごとに情勢を分析できるよう、全国紙の調査よりもかなり詳細なものである。

その差はわずか1000~2000票

 その結果にB陣営は危機感を募らせた。公示日の8月18日を挟んだ2度目の調査で、相手与党候補の追い上げが鮮明になっていたからだ。

 「現在の情勢は、ほぼ互角。1000票から2000票の間で勝負が決まりそうな状況です」

 Bの選挙区には40万人を超す有権者がいる。その200人に1人の投票次第で、勝敗が決するほどの接戦なのである。

 しかもこの数日、自民党の有力議員が続々と相手候補の応援に詰め掛けている。「マニフェスト選挙」の時代だというのに、旧態依然とした運動手法と映るかもしれない。しかし、その効果は侮れない。

 大物が選挙区に来るとなれば、候補者の支援者が集会に動員される。そこで支援者同士が顔を合わせることによって、運動自体が活気づくのだ。

急きょ、支援者を集めた会合を開催

 一方、Bの選挙区には公示日以降、民主党幹部は入っていない。「民主党圧勝」の報道が溢れたことで、支援者の間でも緩みが出ている。
「厳しい情勢なんです」

 Bのスタッフが訴えても、支援者に危機感を伝えるのは難しい。
 「大丈夫だよ。どうせ民主党が勝つんだから」

 こうした楽勝ムードこそ、選挙では最も危ない兆候だ。相手候補の勢いが続けば、小選挙区での当選はおろか、下手をすれば比例復活の道すら閉ざされかねない。

 投票日の1週間前、B陣営は急きょ、支援者を集めての会合を開いた。午後6時、パイプ椅子が並ぶ小さな会場には60人ほどの支援者が詰めかけた。

コメント6件コメント/レビュー

選挙期間でなく、日ごろから民意をくみ上げできることは何か?を考えてみてください。マニフェストを見ないで投票を決めるのが殆どだろう。其れはマニフェストが論理的にも定量的にも不全であること。当選後いかようにも変えられる言い回しがしてあったり、わかりにくい表現もある。欺きはやめて「分らない、不確定」と明確に示せばよい。「景気対策途中」は期限を決めない引き伸ばし言い訳となるし、「まずは政権交代」も交替して改善する事を約束してない。施策の説明を大切にしていないし日頃の努力が感じられない。よってやはり人気投票となる。親族、職場、利権、地域取引関係のしがらみから抜けることは出来ない構造なのであろう。(2009/08/28)

「衆院選「候補者A」かく闘わんとす」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

選挙期間でなく、日ごろから民意をくみ上げできることは何か?を考えてみてください。マニフェストを見ないで投票を決めるのが殆どだろう。其れはマニフェストが論理的にも定量的にも不全であること。当選後いかようにも変えられる言い回しがしてあったり、わかりにくい表現もある。欺きはやめて「分らない、不確定」と明確に示せばよい。「景気対策途中」は期限を決めない引き伸ばし言い訳となるし、「まずは政権交代」も交替して改善する事を約束してない。施策の説明を大切にしていないし日頃の努力が感じられない。よってやはり人気投票となる。親族、職場、利権、地域取引関係のしがらみから抜けることは出来ない構造なのであろう。(2009/08/28)

自民党激減どころか、自民党解党まで視野に入りつつある。これは小選挙区比例代表並立制の効果が大きい。次に自民党が前回の郵政民営化選挙で、造反議員を公認せず刺客候補を送り込み従来の自民党支持層を分裂崩壊させたことだ。その後、造反議員がノコノコと復党したり、中には民主党に寝返った造反議員なども存在する。さらにリーマンショックにより小泉改革失敗が白日の下にさらされたのに、小泉改革決別をうやむやにしてしまったことも大きい。こうなると自民党は公明党頼みの選挙互助会に過ぎず、マニフェストは選挙公約というより選挙広告と国民には映る。若者も高齢者の多くも身近な生活が不安で、取りあえずは民主党に期待している。自民党復権は望めないが、民主党が霞ヶ関改革に失敗すると政界は戦国乱世となり経済混乱は避けられないだろう。国民がいつまでも国会・政府に丸投げではいけない時代が到来している。(2009/08/28)

 年がわかってしまいますが、今までの選挙で、選挙前にマスコミで「革新有利」とか「保革逆転」とか騒がれた時に限って必ず自民党が圧勝しています。逆に革新連立政権が出来たときは、事前にそのような報道はありませんでした。 衆議院選挙だけでもいいので過去の事前の新聞報道と選挙結果を比較すればすぐわかる筈です。是非やってみてください。  お金を積めば、有力広告会社は世論を操作できますので、今回の「民主圧勝」報道はこのことを狙って自民党が仕掛けた大博打という可能性もあります。(2009/08/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員