• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

米子のどらやき、世界の茶の間を席巻

「近ごろ、餡子は苦手という若者が多いのは、ちいさいころ、美味しい餡子菓子を食べなかったせいです」

  • 宮嶋 康彦

バックナンバー

2009年8月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 三たび、餡子の話である。四半世紀前から、たい焼きの魚拓を採取するなど、鯛型の餡菓子に執心してきたことは当コラムなどで、2度にわたって書かせてもらった。このたびは、その餡子の縁で「どらやきのまち」を訪ねることになった。

 鳥取県米子市に本社を持つ丸京製菓は、単一工場で製造されるどらやきの生産量が日本一とされる。国内と海外15都市に年間1億3000万個を出荷、市の関係者は「日本一ということは、世界一ということです」と手放しで称賛する。そこで同社は、どらやきを米子の新しい名物にするため「どらやきのまち」を宣言したのだ。

画像のクリックで拡大表示
画像のクリックで拡大表示

 じつは、鳥取県には、天然物のたい焼き(7月31日付けの本欄に詳しい)を焼く店が4店ある。全国には、この旧式の焼き型で商売をする店舗は30軒に満たない。絶滅が危惧されるなか、鳥取県の占有率はきわめて高いということになる。

日本の餡子の良さは外国人に伝わるのか?

 たい焼きは、今から100年前に東京で発祥したという餡菓子である。「およげ!たいやきくん」の大流行に便乗して、一度に、3個、4個と焼くことができる焼き型が誕生、1個焼きの“天然物”は急速に姿を消していった。そのことを考えれば、無類のたい焼きファンとしては、鳥取の4店に、よくぞ生き残った、と拍手を贈りたくなるのも無理からぬこと。

 その理由を探っていくと、優れた製餡会社の存在が浮上する。たい焼きはまちがいなく餡子が命の餡菓子である。

 どらやきも同様だ。餡が要のお菓子。今でこそ、栗入りやカスタードクリーム入りなどが作られているが、発祥当時(大正時代、東京上野の「うさぎや」が「三笠山」を考案したのが最初といわれている)のどらやきは、カステラ風の生地が小豆餡を挟んでいたという。ちなみに、どらやきという名称は、打楽器の「銅鑼」に由来するという説が有力とされている。

画像のクリックで拡大表示
画像のクリックで拡大表示

 どらやき日本一の丸京製菓にしても、優れた製餡所と二人三脚をしながら、売上高32億円(2009年7月期)を稼ぎ出す会社に成長してきたのである。たい焼きは目出度い鯛を表わし、小豆は古来、邪気を払う食品として崇められてきた。たい焼きもどらやきも、日本の「ハレ」の文化を背景にした、鬼に金棒のお菓子ということになる。つくづく、日本人と餡子のえにしの深さに唸ってしまう。

 こうした、日の本の餡子の文化は外国人にはわかるまい、と思っていたら、丸京製菓は10年も前から、どらやきを海外へ進出させていた。

コメント6

「奥深き日本」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長