• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第18回 あなたの話の説得力はどこからくるか?

  • 山田 ズーニー

バックナンバー

2009年8月31日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「もうひとつ、話に説得力がない」
そう言われてとまどっている新人はいないだろうか。

会議で意見を言うにせよ、
文書で考えを伝えるにせよ、

説得力ある人と説得力がない人の
ちがいはなんだろう。
そもそも、

説得力はどこからくるか?

では、さっそくこんな「悪い例」
から見てみよう。

3人の新人(梅田・竹下・松本)が、
会議で意見を求められている。

上野部長 「営業目標の、
新規50件獲得のために、
なにができるか、
どうすればいいか、
意見を言ってほしい。
まず新人の3人から聞いていこう、
梅田さん、どうだ?」
梅田 「あのー、まえまえから
言おうと思ってたんですけど、
営業のデータベースをつくって
情報共有したらいいんじゃないでしょうか?」
竹下 「僕も、梅田さんに賛成です。
大学の同級生がA社で営業をやってるんですが、
やっぱり今年からデータベースをつくって
情報共有したところ、
めきめき効果が出ているとのことです。
だから、うちもやりましょうよ!」

梅田さん、竹下くんの発言に、
説得力がないのはなぜだろう?

梅田さんの発言は、
「意見」だけで「論拠」がない。
これは、すぐ気がつくと思う。

仕事のコミュニケーションの基本は、
いまさら言うまでもないことだが、

「意見と論拠」だ。

「意見」=言いたいこと、
だけ言い放っても、
理由や根拠=「論拠」、
がなければ伝わらない。

理由・根拠を明らかにすること。

説得力=「論拠」の確かさ、であることは、
多くの人がわかっていると思う。

にもかかわらず、
その「論拠」に、どうも説得力がないのは
なぜだろう?

仕事で意見を求められれば、
たいていの人は、「意見と論拠」で伝えている。
竹下くんの話も「意見と論拠」の論理構成になっている。

「論拠」 =他社で今年からデータベースをつくり
情報共有したところ、効果が出ている。
 
だから、  
 
「意見」 =当社もデータベースをつくって情報共有したい。

ここに、落とし穴がある。

コメント3

「新人諸君、半年は黙って仕事せよ。山田ズーニーのフレッシュマンのためのコミュニケーション講座」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

子会社とどう向き合うかで、その企業のガバナンスを判断できる。

牛島 信 弁護士