• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「出生率」で決まる鳩山氏の国際評価

  • フィリップ・デルヴス・ブロートン,関谷 英里子

バックナンバー

2009年9月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「背が高くスリム、そしていつも非常にエレガントなたたずまい」

 民主党が歴史的な勝利を収めた際、フランスの「ル・モンド」紙が鳩山由紀夫氏を描写した言葉である。

 フランス人から褒め言葉をもらえるのはかなり珍しく、名誉なことではあるが、特にこれから日本人カップルの“性欲増強”を後押しする役割を担わなければいけない彼にとっては格別であろう。

 性欲増強という言い方は、直截過ぎる表現かもしれないが、要は出生率上昇という重責を担っているのだということを、鳩山氏は肝に銘じていただきたい。鳩山氏の甘いマスクは日本以外でも報道されているが、出生率対策に関しては「考えが甘い」としか言いようがない。

 日本の悲惨な出生率を上向きに転じさせられない限り、ほかに今後何を行おうと、鳩山氏は国際的にはさっさと忘れ去られてしまうだろう。

19世紀から託児所があったフランス

 出生率の上昇策については、海外に参考にできる例がたくさんある。

 シンガポール政府は夫婦が子作りをするための経済援助「赤ちゃんボーナス」を提供しただけでなく、若者に出会いを提供する仲人的な役割をも買って出た。

 この「ロマンチックシンガポール」政策にはスパ(温泉)へのパッケージ旅行や、豪華リゾートへのクルーズ旅行、独身者に出会いを促すためのロック・クライミング・イベント、バレンタインデーにちなんだ1カ月にわたるロマンチック祭などが盛り込まれた。

 これはやりすぎだとしても、フランスの例を見てみよう。

 フランスは、一家庭あたり多く子供をつくる傾向にある移民の受け入れを進めたり、子育て中の母親に対する手厚い支援策に取り組んだりすることによって、1カップルあたり子供1.9人と、西欧諸国の中で最も高い出生率を誇っている。

 何より、世界で初めて公立の託児所を設置し、子育て中の母親が職場復帰をできるように国をあげて推進したことで知られる。既に19世紀の半ばごろから職の有無にかかわらず、フランス人女性は託児所に子供預けて出かけるなどして、自分の時間を確保してきた。

 家族の世話をする以外にも母親たちが自由な時間を得られるようにすることは、男女平等の一環として非常に重要であるだけではなく、健全な国家を保つためにも大切であり、当然の福利としてフランスでは考えられてきた。女性の多様な才能を活かすことができない国家は、国としての競争力を自ら削いでいると言っても過言ではないだろう。

コメント43件コメント/レビュー

少子高齢化は日本の文化・社会・歴史が深く関わっているため、劇的な改善は難しい。移民受け入れは政府ではなく、国民が拒絶している。労働時間の長さと全人格的な貢献を求める企業文化は、稲作文化北限の最適地(手入れを怠ることができないが、コメだけ食べていれば死なない)という風土に起因している。女性管理者が多いから利益率が高いのではなく、利益率が高いから女性管理者が多いというのが、働いているものの実感でもある。ただ、民主党の「子ども手当」が干天の慈雨であることは間違いない。今の若者は低収入に苦しみ、その時点で子供を作れる状況にない。手当が子供を作るインセンティブになる低所得者は、すでに日本にたくさんいる。託児所を増やしても、子供は増えない。その前の時点で足踏みしているカップルが多すぎるから。「子ども手当」は現時点で考えられる最良の政策だと考える。(2009/09/12)

「2009年 政権交代」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

少子高齢化は日本の文化・社会・歴史が深く関わっているため、劇的な改善は難しい。移民受け入れは政府ではなく、国民が拒絶している。労働時間の長さと全人格的な貢献を求める企業文化は、稲作文化北限の最適地(手入れを怠ることができないが、コメだけ食べていれば死なない)という風土に起因している。女性管理者が多いから利益率が高いのではなく、利益率が高いから女性管理者が多いというのが、働いているものの実感でもある。ただ、民主党の「子ども手当」が干天の慈雨であることは間違いない。今の若者は低収入に苦しみ、その時点で子供を作れる状況にない。手当が子供を作るインセンティブになる低所得者は、すでに日本にたくさんいる。託児所を増やしても、子供は増えない。その前の時点で足踏みしているカップルが多すぎるから。「子ども手当」は現時点で考えられる最良の政策だと考える。(2009/09/12)

何かの本に「子供は年金を納めるために生まれるのではない。周囲の大人達に愛されるために生まれてくるのだ」とありました。私達夫婦は医学的に子供は望めませんが(そもそも結婚する資格が無いとか非国民とか言われそうですが)、これから生まれる子供達がそうあってくれるよう願うばかりです。(2009/09/11)

個人の意思決定の自由を否定してまで出産を強要しようという意見がこのコメントに出ているが、非常に背筋の凍る思いである。そんな国による思想の統一は断じて認められてはならない。あの女性を「機械」呼ばわりをした元厚生労働大臣の発言を忘れたのか。(2009/09/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長