• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

旧グッドウィル折口氏、「札びらの復讐」の代償

最近は「地下鉄で英語学校通い」とも・・・

  • 高橋 篤史

バックナンバー

2009年9月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 人材サービス大手の旧グッドウィル・グループ(現ラディアホールディングス=ラディアHD)を創業した折口雅博元会長が個人破産していたことが明らかになった。

 債権者である大和証券担保ローンが資産管理会社「折口総研」(東京都大田区田園調布)の破産を申し立てたのは6月11日。東京地裁による破産手続き開始決定は9月1日のことだった。折口総研の負債は債権者5名に対し302億円。折口氏個人の負債も債権者1名に対して10億円に上る。

引き金はラディアHDの経営不振

 昨年3月にサーベラスとモルガンスタンレーの米系投資家連合に経営権を譲り渡して会長を辞任して以降、折口氏は米ニューヨークに渡った。グループの米国法人の顧問というのが唯一残された肩書だったが、「毎日、地下鉄に乗って英語学校に通っている」(サーベラス関係者)のが実態だったようだ。グリーンカードの取得を目指していたともされる。

旧グッドウィル・グループを創業した折口雅博氏
写真:海老名 進(スタジオ・イフ)

 実質的な所有権が投資家連合に移った保有株には「先買権」(買い戻しの権利)が付され、折口氏の経営復帰にかける執念が憶測を呼んだこともあったが、巨額の買い戻し資金を工面できるはずもなく、結局は破産への道を転げ落ちた。

 債権者が第三者破産という異例の手段を行使して回収に走ったのはなぜか。

 指摘されるのは、経営不振が深刻化する一方のラディアHDが事業再生ADR(裁判外紛争解決手続)を申請したことだ。同社がADRの申請方針を明らかにしたのは6月15日で、破産申し立ての時期と符合する。9月1日にはADRの手続きにおいて100%の減資をすることが発表された。

 折口氏が金融機関に担保提供している資産で最も潜在価値が高かったのは、まだ手元に残されていた一部のラディアHD株。その価値がゼロになるわけだから金融機関も黙って見ているわけにはいかない。裁判所の破産決定と減資の発表が同じ日だったのは、偶然ではないと考えることもできる。

「利益は自分、負担は会社」の構図

 折口氏のこれまでを振り返ると、これほど自らの会社に執着した経営者も珍しかったような気がする。

 そもそも折口総研が巨額の負債を抱えるに至った原因は、折口氏が自らの支配権を維持したいがためだった。2006年2月に折口総研は旧グッドウィルの転換社債を大量に取得。その資金はみずほ銀行からの借入金で賄った。借入総額は272億円に達した。

 これに対して折口氏は「私の持ち株比率を増やして買収防衛しようという目的で借りた。借入金があっても金利負担があるだけだと思っている」(2007年6月のインタビュー)として、この時点では意に介するようなところがなかった。

 自らの会社への執着は、個人と会社が渾然一体となる危うさを抱えていた。言い換えれば、公私混同である。

 旧グッドウィルはジャスダックから東京証券取引所1部に鞍替えする過程で、折口氏や個人会社、それにほかの役員が保有する介護子会社コムスンの株式を買い取ったことがあった。なぜ親会社の経営者が、子会社の株式を個人で所有していたのか。

コメント13件コメント/レビュー

他山の石としたいところですが、自分の欲望、私利私欲をコントロールしながら、野心をもちつつ高いモチベーションで成功を目指すのは、本当に難しいです。規模の大小はあっても、経営者、特に起業家のなかで似たようなことをしてしまった、あるいはしている、胸に手を当てて考えれば、そういう人は大勢いると思います。特に「出るくいは打たれる」的な日本の環境において、善い人であればあるほど、そんな大それた成功なんて考える理由は殆ど生まれないからです。社会に貢献する気持ちを動機にリスクを負って自分をドライブするには、余程の道徳観、宗教観などを身に着けなければならないと思います。(2009/09/11)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

他山の石としたいところですが、自分の欲望、私利私欲をコントロールしながら、野心をもちつつ高いモチベーションで成功を目指すのは、本当に難しいです。規模の大小はあっても、経営者、特に起業家のなかで似たようなことをしてしまった、あるいはしている、胸に手を当てて考えれば、そういう人は大勢いると思います。特に「出るくいは打たれる」的な日本の環境において、善い人であればあるほど、そんな大それた成功なんて考える理由は殆ど生まれないからです。社会に貢献する気持ちを動機にリスクを負って自分をドライブするには、余程の道徳観、宗教観などを身に着けなければならないと思います。(2009/09/11)

下記コメントに殆ど言い尽くされてますが経営的手腕がどうだろうが、行なった事業内容は社会悪である。企業は社会的存在である。社会的に及ぼす価値、害に責任がある。社会貢献を看板に其の名も「グッドウィル」で社会悪を撒き散らしながら空儲けするは違法や社会悪行為の請負看板で商売する暴力団より始末が悪い。大企業は多かれ少なかれ腐敗部分があり、そして萎え従業員を含む社会害を蒔き不幸にもその病気のまま継続しているものだ。是正機能がない。マスコミの指摘が効果的な場合もあるが、そちらも二階に上げて梯子を外すが定型業務と見える。本質的筋を追う継続的根気をもっていただきたく思いますが…貴社はいかがですか?(2009/09/11)

かつて折口氏が時代の寵児的に扱われていた頃、深夜に放送された若き企業経営者の特集番組の中で「迷った時は、正しい方を選べ」と語っていましたが、正しい方とは、いったい何だったのでしょうか。(2009/09/11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授